クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
4.0
究極の存在“ウルトロンΣ(シグマ)”の野望を阻止するため、マーベルとカプコンのヒーローたちが2on2のバトルを展開。シンプルな操作でド派手なアクションを堪能できる。
発売日
2017年09月21日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
カプコン
詳細を見る

マーベル VS. カプコン:インフィニット(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

ストーリーモードがボリューム満点で、対戦を織り交ぜながら、まるで映画を観ているかのように、人気ヒーローたちの夢の競演を楽しめる。システム面での革新的な要素は少ないが、前作の3on3から2on2に変更されたことに加えて、ボタン連打の簡単コンボの採用など、ライト層が入りやすくなっているのがグッド。ミッションモードで、各キャラごとに必殺技やコンボのトレーニングが行えるのもいい。

週刊ファミ通1502号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

ボタン配置やゲームシステムが、家庭用ゲーム機のコントローラでも遊びやすいよう配慮され、さらに弱ボタンの連打でもとりあえずコンボが出せるなど、初心者でも楽しめる敷居の低さはありがたい。前作ではコミック寄りだったデザインは、ダークな感じが消えて映画に近くなった印象で、賛否が分かれるか。日本語音声がないのはしかたないが、リュウなど日本のキャラは日本語がよかったなあ。

週刊ファミ通1502号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

ヒーローたちが活躍する、見応えのあるストーリーモードが収録されているのがグッドで、専用の敵や特殊なバトルが用意されているのもうれしい。“インフィニティ・ストーン”ごとに発動できる各能力が強力で、ストーンの選択によって戦略が大きく変わるシステムは、新鮮味がある。キャプテンマーベルのかわいさは日本人受けしそうだけど、全キャラで日本語ボイスがないのは、ちょっと寂しいですね。

週刊ファミ通1502号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

オフラインでひとりでも楽しめるストーリーモードのクオリティーとボリュームにビックリ。つぎつぎと合流する豪華キャラを、ひと通り操作できる展開がうれしい。街が破壊される前に敵を倒さなければならないなど、ドラマ性のあるバトルもあって盛り上がります。技のコマンドがほぼ共通なので、キャラの個性が多少失われている感もありますが、扱いやすいし、パートナーへのスイッチも楽です。

週刊ファミ通1502号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
4.0
究極の存在“ウルトロンΣ(シグマ)”の野望を阻止するため、マーベルとカプコンのヒーローたちが2on2のバトルを展開。シンプルな操作でド派手なアクションを堪能できる。
発売日
2017年09月21日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
カプコン
詳細を見る

マーベル VS. カプコン:インフィニットに関連

すべて見る

マーベル VS. カプコン:インフィニットに関連

すべて見る
  1. 1
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  2. 2
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  3. 3
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  4. 4
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  5. 5
    ターン制戦略RPG『SpellForce: Conquest of Eo』(Steam)本日(2/3)発売。ハイファンタジー世界で多彩な呪文と種族を駆使して敵対者を倒せ
特設・企画