クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
19世紀末の日本と倫敦が舞台となる、弁護士・成歩堂龍ノ介の大法廷活劇の第二幕が登場。ホームズとの“共同推理”や“陪審バトル”など、システムが大幅にパワーアップ。
発売日
2017年08月03日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
カプコン
詳細を見る

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-(3DS)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
9

シリーズでおなじみの探偵パートと法廷パートに加え、“共同推理”や“陪審バトル”による“新しい『逆転裁判』”が楽しめる。前作では、一部の謎や伏線が明らかにされず、少しモヤモヤさせられたが、それらが一気に解決、回収されるので、大きなカタルシスが得られます。とくに、第3話以降の怒涛の展開からは目が離せない! 前作を遊んだ人は、ぜひ本作もプレイして、「ナルホド!」と感心してほしいです。

週刊ファミ通1495号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

状況が何回もひっくり返る裁判の行方にハラハラしつつ、“ムジュン”を見つけ出して切り崩す定番の展開に、グイグイ興味を惹きつけられます。活き活きと動く個性的な登場人物は健在だし、ホームズの超推理を軌道修正する“共同推理”も、3Dのグラフィックを活かした謎解きになっていてグッド。目新しいシステムが見られないのはちょっと残念だが、前作で明らかにされなかった謎に迫るのはいいですね。

週刊ファミ通1495号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
8

上質なBGMと、要所で大胆に飛び出す3D立体視が、見得と勢い重視のゲーム展開を盛り上げます。指摘や証拠品の提示が、意外な形で功を奏したときの痛快さは、やはりいいですね。メインの物語が前作をベースにして進むことに対する納得感さえあれば、終盤で明かされる真相に、気持ちよく驚愕できるでしょう。データのロードにひと手間かかる点と、文章のスキップ速度の遅さは、少し気になりました。

週刊ファミ通1495号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
8

現場検証や聞き込みといった捜査に加え、法廷で証言ひとつひとつに耳を傾けて真実を導き出す、シリーズの醍醐味は健在。目立った新要素の追加はありませんが、すでに有罪票を投じている陪審員の説得には、相変わらずハラハラさせられます。基本的に1話完結で、予備知識なしで楽しめますが、前作と深い関わりのあるエピソードもあり、物語を存分に味わうには前作のプレイ体験が推奨と感じました。

週刊ファミ通1495号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
19世紀末の日本と倫敦が舞台となる、弁護士・成歩堂龍ノ介の大法廷活劇の第二幕が登場。ホームズとの“共同推理”や“陪審バトル”など、システムが大幅にパワーアップ。
発売日
2017年08月03日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
カプコン
詳細を見る

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-に関連

すべて見る

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-に関連

すべて見る
  1. 1
    『ウマ娘』2/24に推奨端末一覧を更新。iPhone 8などが非推奨端末となりサポート対象外に
  2. 2
    『Apex』新レジェンドはあのマッドマギー! 新シーズン“デファイアンス”に向けた新映像が公開。ミスター・シルバという謎の男も登場、オクタンとのつながりもあるのか?
  3. 3
    【ポケカ】25周年を記念した“25th ANNIVERSARY GOLDEN BOX”の受注販売が開始。受注期限は2月7日17時まで
  4. 4
    【FF14】『暁月のフィナーレ』6.08パッチノートが公開。ナイト、竜騎士、忍者、機工士、踊り子、黒魔道士などが強化。オセアニアDCもついにオープン!
  5. 5
    『ストレンジャー オブ パラダイス FF オリジン』水と土のカオスや上位ジョブ(赤魔道士、バーサーカー、侍)、鍛冶屋など最新情報が公開