クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
前作から世界観を一新し、さらにパワーアップしたシリーズ最新作は、2022年の日本が舞台。宇宙船団の攻撃を受けた人類が、多彩な兵科や兵器を駆使して戦いをくり広げる。
発売日
2017年12月07日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
関連サイト
https://www.d3p.co.jp/edf5/
詳細を見る

地球防衛軍5(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

巨大な敵と戦う爽快感は格別。本作では人型エイリアンや巨大生物、さらに新兵器や補助装備などが新たに登場し、バトルの魅力と戦術性がアップ。ビジュアル面もさまざまな進化が見られるものの、「さらにもう一歩!」といった印象も。とはいえ、そこは演出面でカバーされており、とくに仲間のNPCがよくしゃべるので、シングルプレイでも共闘感を味わえる。兵科により戦略性が変わる構成も遊び応えあり。

週刊ファミ通1513号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

グラフィックやキャラの動きなどに若干気になる部分はあるものの、巨大生物を倒すという単純明快なコンセプトにさらに磨きがかかり、大幅にグレードアップ! NPCのあわただしい会話が飛び交う中での、画面を埋め尽くすほどの数の巨大生物との激闘に夢中になれる。性能の異なる武器の入手や、グレードアップ要素の導入により、くり返しプレイが楽しめるし、オンライン協力プレイもアツい。

週刊ファミ通1513号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

スケールの大きな敵の大群を、さまざまな兵器を駆使して蹴散らすのは、相変わらずだが楽しい。部位破壊の要素があるカエル型の敵など、新しいタイプの敵の存在はナイス。EDF隊員の通信などはベタなセリフも多いが、コテコテなところが逆によく、気分も盛り上がる。敵がドロップしたアイテムを拾うのが手間で、それを集めないと武器やアーマーが強化できない仕様は、やや面倒くさくも感じられた。

週刊ファミ通1513号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

何が何だかわからなくなるほど画面いっぱいにひしめくアリを、片っ端から倒していく痛快さは健在。銃を撃つカエルなどの新たな敵は、予想以上の気色悪さがイイ。兵科に大きな変化はないが、ダッシュの追加で歩兵も移動しやすくなった。ただ、ダッシュ中の左スティックの操作で足が止まりがちなのはもどかしい。主人公がEDFに入隊する物語は、テキストや通信だけでなくイベントでも見たかったな。

週刊ファミ通1513号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
前作から世界観を一新し、さらにパワーアップしたシリーズ最新作は、2022年の日本が舞台。宇宙船団の攻撃を受けた人類が、多彩な兵科や兵器を駆使して戦いをくり広げる。
発売日
2017年12月07日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
関連サイト
https://www.d3p.co.jp/edf5/
詳細を見る

地球防衛軍5に関連

すべて見る

地球防衛軍5に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  4. 4
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  5. 5
    『世界樹の迷宮』シリーズが発売15周年。オートマッピングが流行りの時代に手描きマップを自作。逆に新鮮に感じられた3DダンジョンRPG【今日は何の日?】