クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人気インディーゲームのローカライズ作品。住んでいた街を追い出されたロボットJosefを操り、大好きな女の子が待つ街へ戻るため、仕掛けに富んだステージを冒険する。
発売日
2016年09月01日
価格
925円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アクティブゲーミングメディア
詳細を見る

Machinarium(マシナリウム)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

PCでリリースされたのは7年前だが、いまでも色褪せない存在感を持つ作品。ポイントクリック型のアドベンチャーとしては一般的な作りだが、クリックするタイミングや順序など、アクション性が盛り込まれた謎解きは、歯応えがある。グラフィックとBGMのクオリティーも非常に高く、まるで良質な絵本を読んでいるような温かみを感じさせる。ヒントの見せかたもよく、ストレスなくプレイできる構成。

週刊ファミ通1450号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

第一印象は、入手したアイテムをうまく使って先へ進んでいく、わりとよくあるタイプの謎解きアドベンチャー。しかし、いざ遊んでみると、ロボットの愛嬌のあるアクションや、ひとひねりしてあるアイテムの使いかたなどに感心させられることしきり。ロボットの体が伸び縮みする点もユニーク。ミニゲームをプレイするとヒントが見られるなど、謎解きに詰まったときのフォローがあるのもありがたい。

週刊ファミ通1450号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

気になる箇所をクリックして謎を解く、シンプルなスタイルだが、ロボットたちの住む街が舞台となるスチームパンクの世界観と、それを表現するグラフィックや演出が大きな魅力。各キャラのほか、街の細部もアニメーションしていて、雰囲気に浸りながらプレイできるのがいい。簡単なヒントに加えて、ミニゲームをクリアーすると詳しい手順が見られる、2段階のヘルプが用意されているのもナイス。

週刊ファミ通1450号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

独特な雰囲気だけれどエグさはなく、むしろ主人公が次第にかわいらしく思えてくる。文章はなく、イラストで心情や苦い思い出が綴られるのがまたいいね。脱出ゲーム寄りの謎解きは、かなり独創的で骨太。ひと言ヒントと、解答が載るマンガがあるのはうれしい。マンガを開くためにミニゲームをするのもいいアクセント。仕掛けやリアクションも、細やかなアニメーションで描かれていてすばらしい。

週刊ファミ通1450号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人気インディーゲームのローカライズ作品。住んでいた街を追い出されたロボットJosefを操り、大好きな女の子が待つ街へ戻るため、仕掛けに富んだステージを冒険する。
発売日
2016年09月01日
価格
925円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
アクティブゲーミングメディア
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】