クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
次期国王候補5人が出場する“美女王総選挙”の舞台裏で、“キスをしないと死ぬ”という呪いが降りかかった主人公のスバルが、解呪と推しヒロインの勝利のために奔走する。
発売日
2017年03月30日
価格
7500円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
5pb.
詳細を見る

Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

ゲームオリジナルのシナリオが見られるうえに、原作では描かれないようなヒロインたちの姿ややり取りを拝めるのは幸せです。アドベンチャーとしての作りはいたってスタンダード。“死に戻り”の設定や、さまざまな危機的状況を打破していくといった原作の持ち味を、ゲームのシステムにも組み込んでほしかった気もするが、親密度を高めていく仕組みはわかりやすいし、難しく考えずに遊べるのは利点。

週刊ファミ通1479号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS4
7

なんという膨大なテキスト量。エピソードがじっくりと書かれていて、原作小説を読んでいるのに近い感覚です。本編とは趣向の異なるパラレルストーリーになっており、ワイキャイとしたにぎやかなやり取りが多くて、キャラクターのさまざまな面を見られるのは、ファンにはうれしい。物語が進むうえで、不可抗力で誰とでもキスをしてしまう節操のなさにはやや面食らいますが、それもまた一興かな。

週刊ファミ通1479号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

ヒロインひとりひとりにスポットが当たるシナリオ構成で、ボリュームもかなりのもの。いわゆる“夜会話”もあり、彼女たちとじっくり話せるのもいいね。共通ルートが終盤まで続くような形で、複数を同時に攻略できるのでやり応えあり。ただ、CGの枚数やイベント数が、キャラクターによって少し偏りがある印象。“事故チュー”するシーンが多発するけど、エフェクトだけでなく、絵もあればよかったな。

週刊ファミ通1479号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
8

いわゆる恋愛アドベンチャーではないものの、ヒロインたちとのドキドキするようなイベントが多数用意されて、思わず顔がニヤけてしまう。“美女王総選挙”を舞台にした物語は、華やかな中にシリアスな展開も加わり、最後まで見応えがあった。選択肢を選んでヒロインの親密度を上げる作りは、新鮮味が薄くて残念だが、意中のヒロインを攻略しやすいことは確かかと。“夜会話”で親密度を上げやすいのも○。

週刊ファミ通1479号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
次期国王候補5人が出場する“美女王総選挙”の舞台裏で、“キスをしないと死ぬ”という呪いが降りかかった主人公のスバルが、解呪と推しヒロインの勝利のために奔走する。
発売日
2017年03月30日
価格
7500円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
5pb.
詳細を見る

Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-に関連

すべて見る

Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画