クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“お金こそがすべて”という時代を背景に、悪徳金融業者によって家族も祖国も奪われてしまった主人公が、宿敵のドラゴローン一家に復讐するべく、大冒険をくり広げていく。
発売日
2016年11月24日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

プリンセスは金の亡者(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
7

“なんでもお金で解決する”というコンセプトがユニークで、日本一ソフトウェアらしいタイトル。お金さえあれば、敵やレリック(罠)を買収して味方にできるのがおもしろく、クワガタのセバスチャンや、エセ関西弁での会話などのコミカルなノリも楽しい。ただ、電卓の表示中は、敵などがその陰に隠れて見づらく、敵と戦いながら電卓に数字を入力するのもたいへん。価格も、もう少し安いとよかったな。

週刊ファミ通1459号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

金の力で、敵や、ステージ中のトラップ的な“レリック”を買収できるシステムがユニークで、それらを活用してバトルをクリアーしていくのがおもしろい。主人公であるプリンセスの、ちょこちょこした動きや険しい表情がかわいらしく、アクションも小気味いい。内容的に、価格がもう少し抑えめだとよかったが、コミカルなテイストや大塚芳忠さんのナレーションがいい味を出していて、気軽に楽しめます。

週刊ファミ通1459号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
7

画面の印象はコミカルながら、敵の移動アルゴリズムや障害ギミックの発動タイミングがシビア。序盤での、資金力や攻撃力不足を耐え忍んでからが本番……というゲームバランスを受容できれば、資源稼ぎが目的の、同一ステージの周回プレイも苦にならないでしょう。電卓入力と買収対象の指定は、タッチとキー操作のどちらも煩雑で、アクションの流れを止めずに行えるようになるには相応の修行が必要。

週刊ファミ通1459号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

アクション自体はカジュアルなのですが、電卓で敵や罠を買収してすることで難局を切り抜けたり、使役して攻撃させるといったアイデアがユニーク。より多くのお金を拾うため、敵をすぐに倒さずに立ち回る、といった駆け引きも楽しめます。買収した敵を国民にして国を発展させたり、武具を開発させるなど、シミュレーション的な一面にも夢中に。価格がもう少し安ければ、というのが正直なところです。

週刊ファミ通1459号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“お金こそがすべて”という時代を背景に、悪徳金融業者によって家族も祖国も奪われてしまった主人公が、宿敵のドラゴローン一家に復讐するべく、大冒険をくり広げていく。
発売日
2016年11月24日
価格
5980円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

プリンセスは金の亡者に関連

すべて見る

プリンセスは金の亡者に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】