次期国王の座を懸けて、7人の王子・王女たちが地下迷宮を冒険。プレイヤーは第7子のナトリとなり、戦士や魔道士で構成したユニットに指示を出し、迷宮の最深部を目指す。
発売日
2016年12月15日
価格
1800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
だいだい
詳細を見る

古き良き時代の冒険譚のレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

凝ったストーリーやグラフィック、演出といった装飾を排除し、できるだけシンプルにして、シミュレーションRPGの基本システムだけに特化した変わり種。ずいぶんと思い切った作りだが、その結果、難しくなりがちな同ジャンルの敷居を下げることに成功している。攻撃が必ず命中するので、1ユニットのありがたみが際立っているのもいい。欲を言えば、あと少しだけ価格が安かったらうれしかった。

週刊ファミ通1463号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
7

見下ろし型のシミュレーションRPGとして、システム部分はしっかり作られているし、育成の要素なども楽しい。ストーリーもわかりやすく、全体的によくまとまっているなあという印象。とは言え、グラフィック的な部分など、演出面に関しては、タイトルの通りの“昔のゲーム”といった感は否めない。そうしたところを、値段相応ととらえるのなら、きっちり遊べるゲームになっていると思います。

週刊ファミ通1463号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

自軍ユニットと敵の両者のパラメーターに応じて、ダメージ値が固定だったり、攻撃がミスしないなど、ランダム要素が少なく、通常のシミュレーションよりも詰め将棋に近いプレイ感覚。ボーナスフェイズでのレベルアップも見越して経験値を稼ぐなど、計算して戦略を立てるほどそれが活きる作りで、考え甲斐がある。グラフィックや演出面は、やや寂しいかな。UIも、もっとスムーズさがあるとよかった。

週刊ファミ通1463号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
6

バトルは戦術性が高く、“サポートカード”の使いどころを見定めて強敵を撃破するのが痛快。カード収集やキャラ育成のために、“戦略的撤退”を選べるのも○。必ずヒットし、事前にダメージも計算できる攻撃は、意外性が少なくておもしろみに欠ける面もある一方、作戦通りに事が進む快感があります。コスパはいいけれど、マップや演出などの視覚的な楽しさを、もう少し期待してしまう価格設定かな。

週刊ファミ通1463号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

次期国王の座を懸けて、7人の王子・王女たちが地下迷宮を冒険。プレイヤーは第7子のナトリとなり、戦士や魔道士で構成したユニットに指示を出し、迷宮の最深部を目指す。
発売日
2016年12月15日
価格
1800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
だいだい
詳細を見る
  1. 1
    『ドラゴンクエスト』に登場するモンスターのかわいいグッズから、“天空の装備”をあしらったカッコいいアイテムまで、最新グッズが登場
  2. 2
    『MHW:アイスボーン』ベータテスト版配信記念SNSキャンペーン開催!プレイした感想などをつぶやいて、非売品オリジナルグッズをゲット
  3. 3
    AmazonでPS4・PS4 Pro本体が5000円以上OFFとなるキャンペーンが6月30日までの期間限定で開催中!
  4. 4
    『FF7 リメイク』を始めとするスクウェア・エニックス新作情報! アーリーアクセス直前の『FF14: 漆黒のヴィランズ』大特集も!!(2019年6月20日発売号)【今週の週刊ファミ通】
  5. 5
    【ますますマンガで分かるFGO】入院し、長いことソシャゲから離れた女主人公に禁断症状が
特設・企画