クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
カーチェイスや銃撃戦をくり広げるシューティング、深海に潜っていくダイビングシミュレーションなど、趣向の異なる5つのコンテンツを収録。手軽にVR体験ができる。
発売日
2016年10月13日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
バラエティー
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

PlayStation VR WORLDS(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

サメと遭遇する深海ダイブ、高速で疾走するリュージュ、ギャングの抗争、未来のテニス風スポーツ、メカを操っての宇宙探索と、ジャンルやテイストの異なる5種類のVR体験ができるのが特徴。タイトルによってはリプレイ性が低く、クオリティーにもバラつきがあるが、テーマパークのアトラクション感覚で、PS VRの魅力を手軽に味わえるのがいいね。『Danger Ball』は若干物足りなく感じました。

週刊ファミ通1456号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

1本のソフトで、5つの毛色が違うコンテンツが楽しめるのは魅力で、VRがどういうものかを体験するのにうってつけ。ただ、VRを活かした演出やプレイ感には、最初は感心させられるのだけど、ひとつひとつのコンテンツが短めなのと、くり返し遊びたくなる仕掛けがもっと欲しかったところもあり、トータルではちょっと惜しいという印象。価格も、もう少し抑えられていたら、手に取りやすかったかな。

週刊ファミ通1456号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

“VRならでは”を満喫できる作品が揃った1本。なかでもお気に入りは、深海に潜っていく『OceanDescent』。熱帯魚やマンタの群れに癒されるだけでなく、サメに襲われるというスリルつきで、アトラクションとしてうまくまとまっています。頭を振って打ち合う『Danger Ball』は、“ブロック崩し”の進化系にも思えて感慨深いものが。『The London Heist』をプレイするならPS Moveがベストですね。

週刊ファミ通1456号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

新次元のゲーム体験のパターンがひと通り揃った、“VRゲーム・アソート”としてお得感あり。『VRLuge』と『Danger Ball』は、ヘッドトラッキングによるゲーム操作のおもしろさをダイレクトに実感できるでしょう。個人的には、『The LondonHeist』で体験することが可能な、“すぐそばで感情をむき出しにしている人物”の存在感と、現実感覚が脅かされるシーン転換演出は、ひたすら恐怖でした……。

週刊ファミ通1456号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
カーチェイスや銃撃戦をくり広げるシューティング、深海に潜っていくダイビングシミュレーションなど、趣向の異なる5つのコンテンツを収録。手軽にVR体験ができる。
発売日
2016年10月13日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
バラエティー
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

PlayStation VR WORLDSに関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    アニメ『鬼滅の刃』遊郭編、Amazonプライムビデオなどで配信開始。第2話“遊郭潜入”の場面カットや第1話の提供画像が公開
  5. 5
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作