カーチェイスや銃撃戦をくり広げるシューティング、深海に潜っていくダイビングシミュレーションなど、趣向の異なる5つのコンテンツを収録。手軽にVR体験ができる。
発売日
2016年10月13日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
バラエティー
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

PlayStation VR WORLDSのレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

サメと遭遇する深海ダイブ、高速で疾走するリュージュ、ギャングの抗争、未来のテニス風スポーツ、メカを操っての宇宙探索と、ジャンルやテイストの異なる5種類のVR体験ができるのが特徴。タイトルによってはリプレイ性が低く、クオリティーにもバラつきがあるが、テーマパークのアトラクション感覚で、PS VRの魅力を手軽に味わえるのがいいね。『Danger Ball』は若干物足りなく感じました。

週刊ファミ通1456号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

1本のソフトで、5つの毛色が違うコンテンツが楽しめるのは魅力で、VRがどういうものかを体験するのにうってつけ。ただ、VRを活かした演出やプレイ感には、最初は感心させられるのだけど、ひとつひとつのコンテンツが短めなのと、くり返し遊びたくなる仕掛けがもっと欲しかったところもあり、トータルではちょっと惜しいという印象。価格も、もう少し抑えられていたら、手に取りやすかったかな。

週刊ファミ通1456号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

“VRならでは”を満喫できる作品が揃った1本。なかでもお気に入りは、深海に潜っていく『OceanDescent』。熱帯魚やマンタの群れに癒されるだけでなく、サメに襲われるというスリルつきで、アトラクションとしてうまくまとまっています。頭を振って打ち合う『Danger Ball』は、“ブロック崩し”の進化系にも思えて感慨深いものが。『The London Heist』をプレイするならPS Moveがベストですね。

週刊ファミ通1456号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

新次元のゲーム体験のパターンがひと通り揃った、“VRゲーム・アソート”としてお得感あり。『VRLuge』と『Danger Ball』は、ヘッドトラッキングによるゲーム操作のおもしろさをダイレクトに実感できるでしょう。個人的には、『The LondonHeist』で体験することが可能な、“すぐそばで感情をむき出しにしている人物”の存在感と、現実感覚が脅かされるシーン転換演出は、ひたすら恐怖でした……。

週刊ファミ通1456号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

カーチェイスや銃撃戦をくり広げるシューティング、深海に潜っていくダイビングシミュレーションなど、趣向の異なる5つのコンテンツを収録。手軽にVR体験ができる。
発売日
2016年10月13日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
バラエティー
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

PlayStation VR WORLDSに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リメイク』クラウドやエアリスの美麗CG公開。バトルシステムや新たに追加されたロケーションの解説も
  2. 2
    『FF7 リメイク』を始めとするスクウェア・エニックス新作情報! アーリーアクセス直前の『FF14: 漆黒のヴィランズ』大特集も!!(2019年6月20日発売号)【今週の週刊ファミ通】
  3. 3
    エドガーとラァン&レェンのEX武器が真化解放! キャラ調整&覚醒70解放も実施【2019.6.20アプデ情報】 - 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト
  4. 4
    【ソフト&ハード週間販売数】『ドラえもん のび太の牧場物語』が4.2万本セールスで首位スタート。各種ハードも堅調な動き【6/10~6/16】
  5. 5
    『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日をもってサービス終了へ。約12年の歴史に幕を下ろす
特設・企画