クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
10
シリーズ25周年記念作品の第2弾となる本作では、世界観を一新。『クロスアンジュ』や『真マジンガーZERO』などの初参戦作品を含め、全26作品のロボットアニメが共演する。
発売日
2017年02月23日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://srw-v.suparobo.jp/
詳細を見る

スーパーロボット大戦V(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

登場する機体の豊富さや、バトルの演出は圧巻。見ているだけでテンション上がるのはさすがですな。“スキルルート”や“スキルプログラム”などの新要素により、パイロットの育成がよりおもしろくなり、くり返し遊びたくなります。“エクストラアクション”など、シミュレーションゲームの中でも独特な要素が多数あり、敷居の高さはそれなりにあるものの、難度の調整ができるのはうれしいところ。

週刊ファミ通1472号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

“エクストラアクション”などの追加要素以外に、“精神コマンド”が行動後に使用可能になるなど、戦術の幅が広がった。“特殊スキル”をセットできる数が増えたため、パイロットの育成の自由度も高まり、プレイヤーの好みに合わせて育てられる。参戦作品数は若干控えめとも感じるが、本作のみで完結するストーリーや、戦いかたのヒントが見られる“ビギナーズモード”もあるので、新規の人も入りやすい。

週刊ファミ通1472号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

戦闘突入時の読み込み時間は、ないと言っちゃってもいいほど、スピーディーでスムーズな進行が快適。一方、戦闘アニメの演出はデラックスで、『宇宙戦艦ヤマト』の砲撃シーンなど、スキップせず何度も見入ってしまいます。この、サクサクとリッチのメリハリがたまらない。各ステージのほどよい所要時間と、全体のボリューム感の双方にも満足。参戦作品は、若干物足りなく思えるというのが本音です。

週刊ファミ通1472号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

PS4版の、ハイクオリティーのアニメーションで再現された戦闘シーンは見応え抜群。原曲が流れる“期間限定生産版”ならより手軽に、気分をさらに盛り上げてくれる。“スキルプログラム”と“スキルルート”を使った育成要素は自由度が高く、育て甲斐あり。“精神コマンド”の使用タイミングの変更や、“エクストラアクション”などの導入により、難度は全体的に下がった印象だが、初心者は遊びやすいかと。

週刊ファミ通1472号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ガル詩人
PS4 2017-04-17 03:35:34投稿
10

良かった点

戦闘のプロ 待望の復活

宇宙戦艦ヤマトを中心とした熱いストーリー。
目から汗がでるスパロボでした。
作品のデキが良かったので、サウンドエディションを購入したことを正解だったと、
思える内容でした。

出たとしても戦艦が?って思ってた時もありましたが、
プレイしてすぐ、ロボットは人形で戦艦が強く、ガミラスの戦闘機が強いという
作品の認識が強烈で、その辺の疑問は一気に吹っ飛んだのも良かったです。


1~10話までいつものスパロボではありません。
ヤマトを知らない私でも引き込まれる展開でした。

ヤマトだけではなく、マジンガーZも熱いです、
ZEROとグレートそしてエンペラー、マジンガーで目から汗が出る日が来るとは思いもしませんでした。
また、今作のZEROで兜甲児が赤羽根さんに移り変わったということを認識できる、
もう石丸さんの兜甲児は過去になったと痛感できる、熱演。素晴らしいの一言。

クロスアンジュ勢は仲間になるキャラが多く、出し惜しみ無しの感じが良かったですね。小出し小出しのZとは違います。

いまさらながらマジンガー X エヴァがこんなに熱いものとは。

そしてクロスアンジュ X SEED最高です。

宇宙世紀ガンダムもコレでもか!!ってくらいハッピーで
ダグザさんとかマリーダさんとかフルフロンタルとか、
こういうのを求めてたんですよスパロボに!!

そして、ジュドーが強い…、ZZガンダムさんを放置しておくと
あいつが敵を全滅させてしまいます、幸運ハイメガキャノン10ダメージぱしゅーん!ってなっていたあいつとは違います。

悪かった点
α以降のイージーなスパロボとしては悪い部分はありません、
簡単すぎる気もしますが、難しすぎてもイライラするだけなんで。
これはこれでOKかと思います。

総評
Zシリーズからの使い回しに不安感が強かったですが、
買ってよかったです。
10年に1度もしくは10本に1本出るかで無いかのスパロボでした。

この調子でスパロボが出れば良いんですが。
次もその次もヤマトが出れば良いというわけではないので、、、
次が大変だと思います。

クロスアンジュが放送していた頃のロボットアニメは他にもゴロゴロありますんで、
その辺も参戦してくれると嬉しいなぁ~と願いつつ。
次に期待ですね。

クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
10
シリーズ25周年記念作品の第2弾となる本作では、世界観を一新。『クロスアンジュ』や『真マジンガーZERO』などの初参戦作品を含め、全26作品のロボットアニメが共演する。
発売日
2017年02月23日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://srw-v.suparobo.jp/
詳細を見る

スーパーロボット大戦Vに関連

すべて見る

スーパーロボット大戦Vに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画