クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
“ギフティア”と呼ばれるアンドロイドの製造と販売を行うSAI社。そこで働く主人公の水柿ツカサと、ギフティアのアイラの物語。アニメでは描かれなかった秘密が綴られる。
発売日
2016年10月13日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
5pb.
詳細を見る

プラスティック・メモリーズ(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

重要なイベントの際に挿入されて楽しめるカットインアニメとともに、耐用年数(寿命)を迎えるアンドロイドとの切ない物語が丁寧に描かれている。アニメ版の展開をなぞるだけでなく、サブキャラやゲームオリジナルキャラの話があるのは、ファンにはうれしいポイント。1ヵ月のスケジュールを組んでイベントが楽しめるほか、着替えやタッチによる触れ合いなど、ゲームならではの要素もいい感じです。

週刊ファミ通1453号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

前半はアニメのストーリーの追体験だが、ルートによって入れる、アイラと約1か月を過ごす“スケジュールモード”に突入してからが真骨頂といった作り。選んだシナリオによって、新たに派生していくシナリオを読み進めるのは楽しいし、アイラとの甘い雰囲気を堪能できるのも幸せ。アニメでは見られなかった物語や、異なる展開が描かれるのは興味深い。触れ合いや着替えといった要素もいいですね。

週刊ファミ通1453号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
7

原作アニメのダイジェスト風に進む前半は、要所でムービーも流れ、ファンにはうれしい構成。絶対的ヒロインのアイラや、そのほかの登場人物との新規エピソードによっても、原作で消化不良に感じられた部分がスッキリするわけではない点は、少し物足りなく思えました。アイラの着せ替えや日記のぞき、タッチコミュニケーションは素朴に楽しく、かわいい女の子を愛でるツールとしては及第点かと。

週刊ファミ通1453号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

“余命わずかな恋人との悲恋”というテーマこそありがちですが、SF要素や、立場を同じくする人々のそれぞれの決断などが、新鮮な驚きや共感、さわやかな感動を生んでいます。選択によっては若干の不自然さが生じるのが惜しいけれど、ドラマを見せる前半と、ヒロインとの関係を深める後半に分けた構成は、物語の流れとの調和がすばらしい。ふたりを見守るキャラたちの温かい性格や演技にも救いが。

週刊ファミ通1453号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
“ギフティア”と呼ばれるアンドロイドの製造と販売を行うSAI社。そこで働く主人公の水柿ツカサと、ギフティアのアイラの物語。アニメでは描かれなかった秘密が綴られる。
発売日
2016年10月13日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
5pb.
詳細を見る

プラスティック・メモリーズに関連

すべて見る

プラスティック・メモリーズに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画