クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
“ハコ”を使って障害物をクリアーし、ゴールを目指す、シリーズ第2弾。プレイヤーが操る“キュービィ”がハコをふたつ出せるようになったほか、ステージの難度もアップ。
発売日
2016年01月06日
価格
630円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクションパズル
メーカー
HAL研究所
詳細を見る

ハコボーイ! もうひとハコ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

基本的な内容は前作と同じだが、同時に出せる“ハコ”がふたつになったことで、よりバリエーション豊富なパズルが楽しめるように。余計なものを削ぎ落としたゲームデザインとグラフィックがすばらしく、シンプルながらも、奥深さと心地よさが同時に楽しめる。ヒント機能もあるが手詰まり感は少なく、絶妙なバランスでサクサク進められるテンポのよさもいい。制作者のセンスが随所で感じられる秀作。

週刊ファミ通1416号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

ルールも操作もグラフィックもシンプルなのに、アクションパズルとしてよくできている点と、“ハコ”を展開して道を切り拓く独自性の高さという、前作で好評だったポイントは健在。そのうえで、本作ではふたつ目のハコが作り出せるようになり、より奥深さが増している。閃きが重要となる謎解きの難度が、相変わらず絶妙なバランスなのもお見事。直前からやり直せるクイックリトライ機能も便利でいい。

週刊ファミ通1416号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

同時に出せるハコがふたつになり、それらを組み合わせたパズルは、先の手順まで想像を働かせる必要があって、歯応えが増している。とはいえ、序盤は難しくなく、ステージをサクサククリアーしながらテクニックを学べる構成がいい。ゲームコインと交換でヒントが見られる救済措置もナイス。新たなテクニックなどはあまりなく、1作目で感じた新鮮味はちょっと薄れているけれど、安定したデキです。

週刊ファミ通1416号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
9

“ハコ”をふたつ置けるようになったことで、仕掛けもより多彩になり、解き応えがアップ。ハコをハコで持ち上げたりと、新たな“ハコ技”を駆使するのも楽しい。ステージの途中ですぐにリトライできたり、簡潔なヒント機能もうれしいね。やり込み要素である衣装は、一部が前作と連動。のちのちにでも、本作だけで獲得できるとよかったな。衣装ごとに変わる、キュービィの細やかな仕草にも和みます。

週刊ファミ通1416号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
“ハコ”を使って障害物をクリアーし、ゴールを目指す、シリーズ第2弾。プレイヤーが操る“キュービィ”がハコをふたつ出せるようになったほか、ステージの難度もアップ。
発売日
2016年01月06日
価格
630円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクションパズル
メーカー
HAL研究所
詳細を見る

ハコボーイ! もうひとハコに関連

すべて見る
  1. 1
    “コメダ珈琲店”のテーブル席がミニチュア化! シロノワールなどの定番メニューのほか、メニュー表や呼び出しボタンなど備え付けの品々も再現
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』15時間プレイレビュー。緻密に再現された『ハリー・ポッター』の世界に感動、俺TUEEEな魔法アクションも爽快
  3. 3
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”の抽選販売応募がポケモンセンターオンラインで受付中。トレーナーズではキハダ、クラベル校長が登場
  4. 4
    “Nintendo Direct”2月9日7時より配信。2023年上半期に発売予定のタイトル情報が公開される約40分の放送に
  5. 5
    『ホグワーツ・レガシー』情報まとめ。『ハリー・ポッター』のオープンワールドアクションRPG。デラックス・エディションは明日(2/7)からプレイ可能
特設・企画