クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
『ロックマン』シリーズの『1』から『6』までを収録。50以上のステージに挑める“チャレンジモード”のほか、ラフ稿などの設定資料を収めた“ミュージアムモード”も収録。
詳細を見る

ロックマン クラシックス コレクション(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
7

初代から『6』までをまとめて収録。当時の設定資料などが見られる“ミュージアムモード”や、各ステージがリミックスされた“チャレンジモード”などが追加されているが、プレイ感覚的には、単なる詰め合わせの域を出ていないと思えた。インターフェースのデザインも素っ気なく、見た目も少々地味。コストパフォーマンスは高いが、ファンアイテムならではの、さらなるこだわりが欲しかった印象も。

週刊ファミ通1420号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

味のあるドット絵にノリのいいサウンド、各ステージごとに特徴の異なるステージやボス戦といった、本シリーズの魅力をあらためて実感。新たに追加された“チャレンジモード”や“ミュージアムモード”はファンにはうれしい要素だし、Rボタンのメニューでいつもでもセーブできるのは便利。ただ、トライ&エラーが必至となる、歯応えバッチリの覚えゲーなので、シリーズに思い入れの強い人向けかな。

週刊ファミ通1420号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

6タイトルが遊べるだけでなく、キャラのデータベースを始め、パッケージやカートリッジの画像など、ギャラリー要素が豊富に収録されているのがうれしい。海外版の『MEGA MAN』とバージョンを切り換えられるなど、マニアックな仕様もいいね。各タイトルのバージョンごとに、ステージ途中でのセーブが可能なのが便利で、気の赴くままに遊びやすい仕組み。“チャレンジモード”もやり甲斐があります。

週刊ファミ通1420号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

さすがは『ロックマン』と唸らせる、各ステージの難しさ。敵の動きひとつ取ってもイヤラシイけど、攻略法をひらめいたときの、「なるほど」と腑に落ちる感覚が醍醐味。どこでもセーブできるので、少しずつ進められるのがありがたい。メニュー画面での決定は、どの作品でもAボタンで兼ねられたらよかった。6作品のステージがリミックスされた“チャレンジモード”も豊富でおもしろい。資料の質も量も圧巻。

週刊ファミ通1420号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
『ロックマン』シリーズの『1』から『6』までを収録。50以上のステージに挑める“チャレンジモード”のほか、ラフ稿などの設定資料を収めた“ミュージアムモード”も収録。
詳細を見る

ロックマン クラシックス コレクションに関連

すべて見る

ロックマン クラシックス コレクションに関連

すべて見る
  1. 1
    【マンガ大賞2022】候補10作品が発表。『海が走るエンドロール』『【推しの子】』『ダンダダン』『ルックバック』などがノミネート!
  2. 2
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『世界樹の迷宮』シリーズが発売15周年。オートマッピングが流行りの時代に手描きマップを自作。逆に新鮮に感じられた3DダンジョンRPG【今日は何の日?】