クロスレビュー

平均

7.8
『ロックマン』シリーズの『1』から『6』までを収録。50以上のステージに挑める“チャレンジモード”のほか、ラフ稿などの設定資料を収めた“ミュージアムモード”も収録。
詳細を見る

ロックマン クラシックス コレクション(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
7

初代から『6』までをまとめて収録。当時の設定資料などが見られる“ミュージアムモード”や、各ステージがリミックスされた“チャレンジモード”などが追加されているが、プレイ感覚的には、単なる詰め合わせの域を出ていないと思えた。インターフェースのデザインも素っ気なく、見た目も少々地味。コストパフォーマンスは高いが、ファンアイテムならではの、さらなるこだわりが欲しかった印象も。

週刊ファミ通1420号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

味のあるドット絵にノリのいいサウンド、各ステージごとに特徴の異なるステージやボス戦といった、本シリーズの魅力をあらためて実感。新たに追加された“チャレンジモード”や“ミュージアムモード”はファンにはうれしい要素だし、Rボタンのメニューでいつもでもセーブできるのは便利。ただ、トライ&エラーが必至となる、歯応えバッチリの覚えゲーなので、シリーズに思い入れの強い人向けかな。

週刊ファミ通1420号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

6タイトルが遊べるだけでなく、キャラのデータベースを始め、パッケージやカートリッジの画像など、ギャラリー要素が豊富に収録されているのがうれしい。海外版の『MEGA MAN』とバージョンを切り換えられるなど、マニアックな仕様もいいね。各タイトルのバージョンごとに、ステージ途中でのセーブが可能なのが便利で、気の赴くままに遊びやすい仕組み。“チャレンジモード”もやり甲斐があります。

週刊ファミ通1420号より

梅園ウララ
ファミ通公式 3DS
8

さすがは『ロックマン』と唸らせる、各ステージの難しさ。敵の動きひとつ取ってもイヤラシイけど、攻略法をひらめいたときの、「なるほど」と腑に落ちる感覚が醍醐味。どこでもセーブできるので、少しずつ進められるのがありがたい。メニュー画面での決定は、どの作品でもAボタンで兼ねられたらよかった。6作品のステージがリミックスされた“チャレンジモード”も豊富でおもしろい。資料の質も量も圧巻。

週刊ファミ通1420号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
『ロックマン』シリーズの『1』から『6』までを収録。50以上のステージに挑める“チャレンジモード”のほか、ラフ稿などの設定資料を収めた“ミュージアムモード”も収録。
詳細を見る

ロックマン クラシックス コレクションに関連

すべて見る

ロックマン クラシックス コレクションに関連

すべて見る
  1. 1
    『ペルソナ3』が発売された日。スタイリッシュなデザインと新たなシステムで生まれ変わった、シリーズの転換点【今日は何の日?】
  2. 2
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  3. 3
    『実況パワフルプロ野球』読売ジャイアンツ 4選手対決動画公開!最終回に待っていた予想外のドラマとは!?
  4. 4
    PS oneが発売された日。丸みを帯びたかわいいデザインで、モニターを付ければ外出先でも遊ぶことができたユニークなハード【今日は何の日?】