クロスレビュー

平均

9.0

3ユーザー

スコア

;">
6.7
三島平八と一八の親子喧嘩がついに決着。新キャラクターはもちろん、ド迫力の新システムを多数搭載。最大8人でトーナメントバトルができるオンラインマルチプレイ対応。
発売日
2017年06月01日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

鉄拳7(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

ストーリーモードはボリュームがあり、バトル中に回想シーンがオーバーラップしたり、QTEが挿入されたりと、盛り上げかたがうまい。ワンボタンで簡単に技が出せる、初心者向けの配慮もなされ、幅広い層が楽しめる作りが好印象。キャラのカスタマイズや、PS4版でのBGMの設定、シリーズ過去作のムービーやイラストが見られるモードなど、本編を彩る各種要素が充実し、遊びが多彩なところもいい。

週刊ファミ通1486号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

登場キャラの数が多いうえにみんな個性的で、にぎやかな対戦バトルが楽しめる。“パワークラッシュ”や“レイジアーツ”の導入で、システム面がややシンプルになり、遊びすくなった印象。ついに決着がつく三島家の親子喧嘩、豪鬼の参戦、充実のオンライン対戦、シリーズ過去作のムービーが見られるギャラリーモードなど、見どころも多数。PS4版は、“VRモード”でキャラを自由な視点で鑑賞できるのも○。

週刊ファミ通1486号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

ストーリーモードの“The Mishima Saga”は、ムービーからバトルへスムーズに移行するほか、バトル中に挿入される回想シーンなどの演出が、三島親子の喧嘩の結末をドラマチックに盛り上げる。“キャラクターエピソード”は、わずか1戦で各キャラのエンディングが見られるため、若干の拍子抜け感もあるが、初心者にやさしい仕様。充実のギャラリーモードや、キャラの豊富なカスタマイズ要素もナイスです。

週刊ファミ通1486号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

“The Mishima Saga”は、ムービーと戦闘がシームレスにつながって没入感があり、一気に遊んでしまった。簡単に技が出せるアシスト機能やコンボサポートもあり、使い慣れていないキャラでもカッコよく戦えるのがうれしいね。サイドストーリーも、1回勝てばご褒美映像が観られ、サクッと終われるのがいい。PS4版の“VRモード”は迫力十分。スローでじっくり見られるので、コンボの研究にもなる。

週刊ファミ通1486号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

モグモグ
PS4 2022-06-01 15:57:51投稿
5

良かった点
豪鬼やギースが参戦したのが良い

悪かった点
新キャラはどれも魅力がなく新コスチュームもいまいちで、
前作にいた旧キャラまでDLCで販売されているのは駄目だと思った。
また、DLCで追加されたキャラは個別エンディングがないのは手抜きで、
超必殺技のようなものが加わったが演出が長くテンポが悪いと感じた。

総評
キャラ数は多いが魅力のあるキャラは少なく、
DLCで出すならもう少し他社のコラボキャラを増やして欲しかったと思った。

Speck0
PS4 2018-09-18 02:48:58投稿
8

良かった点
ラッキークロエの動きが面白くて格ゲーに興味のない私でも好きになった

VRで格ゲーができる(ただし、体力ゲージなしで死なないので戦闘できない)
VRでキャラ見れる
ただどちらも真新しいものではなく取って付けたような出来である

当時、ソニーが開発するバーチャルリアリティを駆使したゲームハード制作プロジェクト「プロジェクトモーフィアス」(後のPSVR)の為に
鉄拳P原田がプロジェクトモーフィアス用の企画を立ち上げるが、ソフト開発費をバンナムがケチったため、リソースをこのゲームの開発費から割いており、それもあってこのボリュームのなさと思われる
(ちなみにこれが後のサマーレッスンになる)

悪かった点
VRモードが糞です
格闘モードは処理が追い付かず動きが遅くなるわ
キャラ観賞モードはただフィギュアみたいにキャラが見れるだけです

ストーリーもほとんどなく
とても三島財閥の長い歴史の終わりを飾るフィナーレのゲームだとは到底思えない出来

総評
格ゲーの事は良くわかりませんが
それでも明らかに長い歴史を持つ鉄拳のストーリーの最終章を飾るにはとてもお粗末な出来だと思いました

ただサマーレッスンの開発リソースをここから割いているらしく
子供はすくすくと育ちPSVRの代名詞的な存在へと成長しました
バンダイナムコをVRの先駆者の一つとした功績ははかり知れません

という事で長い間お疲れ様でした三島財閥

サマーレッスン宮本ひかりレビュー
https://www.famitsu.com/cominy/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=104936

ayanka141
PS4 2018-09-15 14:33:39投稿
7

良かった点
30を超えるキャラクター数。
設定次第で簡単操作で出せるコンボとレイジ(超必殺技)。
プラクティスモードでCPUと対戦が出来るので延々とバトルが出来る。

悪かった点
全キャラクターのエンディングが無くなり、三島家と数キャラのエンディングが用意されたのみ。
プレくティスモードでノーマルコントローラーを使用しているとコマンド表示を簡単に次に送れるが肝心のジョイスティックで送ることができない。
新キャラ追加が課金。
今作のエクストラモードの鉄拳ボールが課金のため、ボリューム不足。

総評
鉄拳は大好きな格ゲーの一つですが、オンライン対戦となるとプレイヤーのレベルが高すぎて楽しめません。
シリーズ作品はアーケードモードでエンディングを見るために各キャラの練習とアーケードモードをプレイしていたのが、今作では無くなったのが残念。

クロスレビュー

平均

9.0

3ユーザー

スコア

;">
6.7
三島平八と一八の親子喧嘩がついに決着。新キャラクターはもちろん、ド迫力の新システムを多数搭載。最大8人でトーナメントバトルができるオンラインマルチプレイ対応。
発売日
2017年06月01日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
格闘
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画