クロスレビュー

平均

8.8
物語の時間軸は、前作『真・女神転生IV』の終盤。新たな敵の登場によって混迷を極めた東京を舞台に、悪魔の力を手に入れた主人公が、パートナーとともに冒険をくり広げる。
発売日
2016年02月10日
価格
6480円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
アトラス
関連サイト
http://megaten4f.jp/
詳細を見る

真・女神転生IV FINAL(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

荒廃した東京を舞台にした、臨場感のある世界観設定が魅力のひとつ。『真・女神転生』シリーズの初心者でもすんなり楽しめる、丁寧な導線もさすが。悪魔会話のメッセージが一新され、2身合体が復活するなど、細かいシステムが前作『IV』から昇華して、より遊びやすくなったのもうれしい。バトル、収集、育成、そして合体の各要素がいい感じに融合して、非常にやり込み甲斐があり、安定した仕上がり。

週刊ファミ通1418号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
9

独特の世界観、多勢力による争い、悪魔との会話や悪魔合体など、シリーズならではの魅力がしっかりと詰まっている。そのうえで、最初から難易度が選べるようになっているなど、前作よりも遊びやすくなっているところがうれしい。“プレスターンバトル”や“ニヤリ”の要素が継承されたバトルは、相変わらず戦略性に富んでいる。土居政之氏のデザインによるキャラクターたちも、いい味を出しています。

週刊ファミ通1418号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

前作と同じ世界観ながら、別の視点から新たな物語が見られるのは興味深い。細かい改良点が多数あり、前作よりもプレイしやすくなっているのがうれしいね。パートナーによる“アシストアタック”は、戦術の幅を広げられるほか、ともに戦っている雰囲気が出るのがグッド。標準の難易度以上では、ザコ戦でも気を抜けないきびしいバランスだが、スカウトや悪魔合体など、育成要素は相変わらずハマれる。

週刊ファミ通1418号より

梅園ウララ
ファミ通公式 3DS
8

新勢力も加わって覚えることは多いが、前作が未経験でもスッと入れる。それでも、従来の人物のその後や、別勢力の角度から見る部分もあるので、物語を知っていたほうがより深く味わえるかな。システムの随所は改良済みだが、迷子になることもしばしば。ナビやエリアのつながりがもっとわかりやすいとよかった。悪魔との交渉は、会話パターンも豊富で楽しい。2身合体であれこれ手軽に試せるのも○。

週刊ファミ通1418号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8
物語の時間軸は、前作『真・女神転生IV』の終盤。新たな敵の登場によって混迷を極めた東京を舞台に、悪魔の力を手に入れた主人公が、パートナーとともに冒険をくり広げる。
発売日
2016年02月10日
価格
6480円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
アトラス
関連サイト
http://megaten4f.jp/
詳細を見る

真・女神転生IV FINALに関連

すべて見る

真・女神転生IV FINALに関連

すべて見る
  1. 1
    『ペルソナ3』が発売された日。スタイリッシュなデザインと新たなシステムで生まれ変わった、シリーズの転換点【今日は何の日?】
  2. 2
    新型PS5比較まとめ。値段やサイズ、重さ、入出力端子の違い、ディスクドライブの取り外し方などを前モデルの写真と合わせてお届け
  3. 3
    【ポケモンSV】ふしぎなおくりもの一覧。配布シリアルコード、あいことばまとめ【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『パワプロ2024』Switch&PS4で発売決定! 人気モード栄冠・パワフェス・サクセスと30周年記念モードを紹介【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    PS oneが発売された日。丸みを帯びたかわいいデザインで、モニターを付ければ外出先でも遊ぶことができたユニークなハード【今日は何の日?】