クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『バイオハザード』シリーズの持つ荒廃した世界観と、サバイバルゲームの緊張感や駆け引きを融合。オンラインでの、3対3のマルチプレイに重点を置いた対戦型シューター。
発売日
2016年06月23日
価格
3694円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
カプコン
詳細を見る

バイオハザード アンブレラコア(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

長射程の銃がなく、マップは比較的狭め、しかもワンライフマッチでの対戦は短時間で決着がつく。スピーディーな接近戦に特化したシステムで、非常にテンポがいい。一見シンプルだが奥深い作り。特出しているのが、移動ルートの多さを始め、オブジェの破壊や“アナログカバー”など、戦略の幅が用意されている点。対戦ルールやステージ数は多く、武器や衣装のカスタマイズ要素もやり込み甲斐があって◎。

週刊ファミ通1437号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

ゾンビに認識されなくなる“ゾンビジャマー”や、ゾンビを盾として使える“ゾンビシールド”など、対策が施された各種装備をまとっての対戦は、新鮮な感覚が味わえて楽しい。カバーの度合いを段階的に調節できたり、ほふく前進は便利だけど背中のゾンビジャマーが無効になるなど、メリットとデメリットのさじ加減が絶妙な点がいいね。必然的に対戦のアツさが増す、密度が濃くて狭めの各マップも○。

週刊ファミ通1437号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

マップは適度な広さで、少人数による対戦ながら、白熱した戦闘が楽しめるように工夫が凝らされたデザイン。相手の“ゾンビジャマー”を無効化してゾンビに襲わせたり、ゾンビを盾にするといった独自の戦略性もおもしろい。遮蔽物やドアから体を出す度合いを調整できる“アナログカバー”の仕組みもグッド。シングルプレイのモードは、対戦と比べるとやや淡々としているが、歯応えと緊張感があります。

週刊ファミ通1437号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

『バイオ』本編では敵だったゾンビたちを、戦場の“仕掛け”として扱うところが斬新。相手を襲わせたり、盾にしたりと、戦略にしっかり絡んできます。チュートリアルを兼ねたひとり用モードではゾンビが相手で、これが意外と手強い。覗き込み具合が調整可能で、滑るようにほふくできるなど、操作は快適。各マップはコンパクトだけど作り込まれていて、抜け道や死角から対戦相手を強襲するのが楽しい。

週刊ファミ通1437号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
『バイオハザード』シリーズの持つ荒廃した世界観と、サバイバルゲームの緊張感や駆け引きを融合。オンラインでの、3対3のマルチプレイに重点を置いた対戦型シューター。
発売日
2016年06月23日
価格
3694円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
カプコン
詳細を見る

バイオハザード アンブレラコアに関連

すべて見る

バイオハザード アンブレラコアに関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【ポケモンSV攻略】メトロノームの入手方法と使い道。リザードンレイドの周回、金策に便利【スカーレット・バイオレット】
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強リザードン育成法、活躍のさせ方【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』の新たな30秒CMに“安西先生”が登場。いよいよ明日(12/3)ロードショー
特設・企画