クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
完全新作のショートストーリー『0.2』と映像作品『χBC』、そして2012年発売の『3D』のHDリマスター『DDD』という、最新作『キングダム ハーツ?』につながる3作品を収録。
詳細を見る

キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

HDリメイク作に新作のショートストーリー、完全新規映像と、とくにシリーズのファンに向けた内容となっている。シリーズ初となるPS4タイトルという意味では、短編作品である『0.2』を体験することで、これから発売される新作『?』への期待をさらに高められるところに価値を感じた。趣の異なる3つのソフトが収録されているのはうれしいが、価格がもう少し押えられていたら、もっとよかったな。

週刊ファミ通1466号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

『?』につながるまでのストーリーをおさらいする、という意味ではちょうどいい作品。PS4で描かれる『キングダム ハーツ』の世界は、さすがの鮮やかさといったところ。『3D』がHDでフルでリメイクされているので、そこに魅力を感じるなら買いですね。いろいろ遊びやすくなってるのはありがたいし、完全新作の『0.2』が入っているのもうれしいが、もうちょっとボリュームがあれば、とも思ったり。

週刊ファミ通1466号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

異なる3つのコンテンツが収録され、それぞれが『キングダム ハーツ?』へつながっていく物語なのは、ファンの期待が膨らむ作り。『0.2』で見られるアクアの新規ストーリーは興味をそそられるし、流れるようにくり出せる各種アクションの気持ちよさは随一。『χBC』も観応えがあります。『DDD』は、“フリーフローアクション”が爽快で、60フレームでの滑らかな動きでプレイが快適になっているのもうれしい。

週刊ファミ通1466号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

空を飛ぶかのような軽やかな動きに、魔法を駆使して戦うスタイルは、ディズニーの世界との親和性が高い。カートゥーン寄りのタッチはそのままにリマスターされた『DDD』はもちろん、PS4らしい映像表現の『0.2』でも、それを改めて実感しました。これまでの物語の振り返りは用意されているものの、新規ユーザーはモヤモヤしたままゲームを進める場面もありそうですが、楽しむのには支障なしです。

週刊ファミ通1466号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
完全新作のショートストーリー『0.2』と映像作品『χBC』、そして2012年発売の『3D』のHDリマスター『DDD』という、最新作『キングダム ハーツ?』につながる3作品を収録。
詳細を見る

キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグに関連

すべて見る

キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画