クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作はオープンワールドとなり、部位破壊アクションもさらに進化。“鬼”をも圧倒する新たな力“鬼ノ手”や、鬼の部位を消し去る“完全部位破壊”などを実装している。
発売日
2016年07月28日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

討鬼伝2(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

“鬼ノ手”を使った新操作が爽快。とくに、“鬼返”や“鬼葬”などを使いこなせるようになると、一気に戦闘が楽しくなります。一方で、一部のアクションは、武器との相性差がちょっと激しいのでは? と感じるところも。クエストクリアー型のミッションだけではなく、オープンワールドを探索することもでき、冒険するうえでの自由度がより広がっている。プレイヤーを飽きさせない作りがナイスですな。

週刊ファミ通1442号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

オープンワールドのフィールドは、自由に探索する中で“鬼”と遭遇する驚きがあるなど、世界観に浸れる。新アクションの“鬼ノ手”は、部位破壊が爽快になったほか、移動手段にも活用でき、武器による行動制限が取り払われたような感覚。空中から豪快な攻撃を出せるのも気持ちいい。完全部位破壊で“鬼”の行動が変化するのは、戦略性があって○。異なるハード間でのマルチプレイが可能なのもうれしいね。

週刊ファミ通1442号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

しっかりとした物語や人物設定で、“鬼”を討伐する意義が感じられ、ゲーム世界にどっぷり浸かって楽しめました。下手でも挫折しない程度にチューニングされた“鬼”の強さも好印象で、NPCが十分に戦力となる強さなのも○。“鬼ノ手”を使ったダイナミックなアクションがクセになります。広い世界で自由に行動できるのがうれしい反面、迷ってしまったり、桁違いに強い“鬼”と遭遇して戸惑うことも。

週刊ファミ通1442号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

オープンワールドを探索する楽しみが増えたことで、世界観のスケールや没入感が大幅にアップ。シリーズを通して作り込まれた和の世界を味わえます。魅力的な登場人物が織り成す、笑いあり涙ありの物語も健在。初穂や相馬など、前作の仲間が登場するのもうれしい。アクションは、できることが増えたぶん、やや複雑な印象。だが、操作に慣れれば爽快なアクションが楽しめるので、遊び応えはある。

週刊ファミ通1442号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作はオープンワールドとなり、部位破壊アクションもさらに進化。“鬼”をも圧倒する新たな力“鬼ノ手”や、鬼の部位を消し去る“完全部位破壊”などを実装している。
発売日
2016年07月28日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

討鬼伝2に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画