クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
ニンテンドー3DSの配信専用ソフト『プチコン3号』を使ったプログラムコンテスト“プチコン大喜利”で、ユーザー投稿作品の中から選ばれた優秀作34本と、新作1本を収録。
発売日
2015年07月29日
価格
277円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
メーカー
スマイルブーム
詳細を見る

プチコンマガジン 創刊号(3DS)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
6

BASICで作られたユーザー投稿作品集。収録作は35本と多いが、『S O L I D G U N N E R』以外、ミニゲームと言うよりもアイデア優先の一発勝負的なものがほとんど。「そうきたか!」と感心させられる作品もあるが、「え、これで終わり!?」というものも多く、ミニゲームで遊ぶのが目的だと肩透かしを食らうかも。だが、『プチコン3号』を使ったゲーム作成に興味がある人には、参考になるし、価値のあるソフト。

週刊ファミ通1394号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
7

『プチコン3号』に興味のある人が、実際にどんなプログラムを作って遊べるのかが実感できるほか、より多くの人に作品を手に取って遊んでもらえる仕組みは、プログラムを作る側のユーザーにとっても、刺激となっているのでいいね。ミニゲーム集として見ると、かなりシンプルな内容で、じっくりプレイできるゲームはあまりないが、バラエティー豊かな作品群をザッピングするように遊べるのはグッド。

週刊ファミ通1394号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
8

非ゲームを含む、“立体視”をお題にした作品群は、いずれもじっくり遊べるタイプではないものの、キラリと光る一発ネタもあり、思いのほか楽しめるでしょう。メーカー制作の『S O L I D G U N N E R』は、敵編隊の連続撃破ボーナス命のシンプルな爽快シューティングであるとともに、別売りの簡易プログラム言語『プチコン3号』のみでここまでできるのだというデモンストレーション作品として、必見です。

週刊ファミ通1394号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
9

自分でゲームを作ってみたい人は必見。自作でここまでできるのだという驚きやヒントが満載です。アイデアを形にした、投稿者の技術力や根気に敬意を表します。アマチュアクリエイターの発表の場としても励みになるので、長く続いてほしい企画ですね。ミニゲーム集として購入するには、手作り感や同人のノリを楽しめないと辛いですが、プロによる収録作1本だけでも元が取れる価格だと思います。

週刊ファミ通1394号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
ニンテンドー3DSの配信専用ソフト『プチコン3号』を使ったプログラムコンテスト“プチコン大喜利”で、ユーザー投稿作品の中から選ばれた優秀作34本と、新作1本を収録。
発売日
2015年07月29日
価格
277円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
メーカー
スマイルブーム
詳細を見る

プチコンマガジン 創刊号に関連

すべて見る
  1. 1
    【Apex】シーズン16のキャラアプデ情報。クラスが一新され、新たにパーク効果が追加。レイスやパスなどが強化、シアとホライゾンは弱体化
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』15時間プレイレビュー。緻密に再現された『ハリー・ポッター』の世界に感動、俺TUEEEな魔法アクションも爽快
  3. 3
    「Switchは当社のゲーム専用機ビジネスの中でも未知の領域へ」。任天堂が決算説明会での質疑応答内容を公開。ソフト・ハードとも価格変更は予定なし
  4. 4
    “ニンテンドーダイレクト 2.9”朝7時から配信開始。2023年上半期発売予定の新作、新タイトルの情報を公開する約40分の放送
  5. 5
    『ホグワーツ・レガシー』情報まとめ。『ハリー・ポッター』のオープンワールドアクションRPG。デラックス・エディションは明日(2/7)からプレイ可能
特設・企画