クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2014年に発売されたPC版をリメイク。自由に空を飛ぶことができる世界で、主人公とヒロインたちが、スカイスポーツ“フライングサーカス”を通じて絆を深めていく。
発売日
2016年02月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
sprite
関連サイト
http://aokana.net/
詳細を見る

蒼の彼方のフォーリズム(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

シナリオが秀逸。空飛ぶシューズを用いた架空のスポーツ“フライングサーカス”という、一見突飛にも思える設定が、物語に違和感なく落とし込まれている。物語がテンポよく展開し、各章の終わりに次回予告が流れる構成は、まるでアニメを見ているかのよう。スピード感や躍動感あるフライングサーカスの演出も◎。攻略対象のヒロインは4人と少なめだが、それぞれ密度が濃いので満足できると思う。

週刊ファミ通1420号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

“フライングサーカス”という架空の競技が、しっかり描かれているのがすばらしい。競技中の、空を飛ぶ軌跡の描写が細かく、状況説明もわかりやすいほか、スピード感や緊迫感がうまく表現されているので、試合の展開に興奮する。スポーツものならではの熱さがあり、相乗効果でヒロインたちも魅力的に感じられるのがいい。詳細なルール説明や用語解説などが、いつでも確認できると、さらによかった。

週刊ファミ通1420号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

ギャルゲーの王道から少し外れたキャラ設定や、相関関係によって引き立つ、物語世界の独特の清涼感が魅力的。架空のスポーツの躍動感が伝わる、試合シーンのビジュアルの見せかたもいいですね。共通ルートが長く、個別ルート自体がアフターストーリーっぽい印象ではありますが、フルコンプすることで青春を謳歌した充実感を味わえます。操作面では、ボタン同時押しのショートカット機能が便利でした。

週刊ファミ通1420号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

選択肢が少なくてインタラクティブ性は低めですが、シナリオの力にグイグイ引っ張られます。青空のビジュアルと相まって、さわやかな読後感。笑いの要素や心の闇の描写もほどよく、架空のスポーツの設定や試合の表現もうまいし、脇役や男性陣を含めて登場人物がイキイキしているのが魅力的です。飛行シーンの立ち絵は、構図や動きのつけかただけで、ここまで新鮮に見えるものかと感心しました。

週刊ファミ通1420号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2014年に発売されたPC版をリメイク。自由に空を飛ぶことができる世界で、主人公とヒロインたちが、スカイスポーツ“フライングサーカス”を通じて絆を深めていく。
発売日
2016年02月25日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
sprite
関連サイト
http://aokana.net/
詳細を見る

蒼の彼方のフォーリズムに関連

すべて見る
  1. 1
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  2. 2
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  3. 3
    アニメ『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』本日(2/3)より劇場上映開始。入場特典は“上限集結本”。節分イラストやお面が公開!
  4. 4
    『ライザのアトリエ』ライザのシリーズ25周年を記念したフィギュアが登場。DX版は歴代シリーズに登場したアイテムが飛び出す豪華仕様
  5. 5
    【AC6】『アーマードコア6』“台北ゲームショウ2023”で小倉プロデューサーのインタビュー映像を公開。2月3日21時より配信
特設・企画