クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2005年に登場した『ちびロボ!』がアクションゲームに。地球の平和を守るため、お尻の“ヒップラグ”を振り回し、敵を倒したりブロックを壊して冒険する。amiibo対応。
発売日
2015年10月08日
価格
4700円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

なげなわアクション! ぐるぐる! ちびロボ!(3DS)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
7

横スクロールアクションになって、より幅広い層のユーザーが楽しめるゲームに。ロープ状の物を活かしたゲームは過去にもいくつか存在するが、障害物の跳ね返りを利用して、レーザーのように使えるのがおもしろい。実在のお菓子とのコラボレーションも、本作の世界とマッチしていていい。“ちびちび”を捕まえようとしてジャンプしてしまうなど、ジャンプとイベントボタンが同じというのは気になった。

週刊ファミ通1400号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

とっつきやすい王道的なアクションだが、壁の跳ね返りなどを考えながら“パワースロー”を放って、アイテムを取ったりギミックを解いたりする要素が楽しい。コレクション要素を集めるのもやり甲斐があるし、お菓子が実名で多数登場して、中身まで見られたりするのにはクスッとさせられる。パワースローを溜めるのに、わずかだが時間がかかり、そこでテンポが若干損なわれるのはちょっと気になった。

週刊ファミ通1400号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
8

“ヒップラグ”を壁に反射させる一連のアクションは、ゲームの流れがその都度止まるぶん、ギミックの気持ちよさが際立ちます。アクションゲームとしては、要所要所でいかにすばやく正確に入力できるかがキモとなる正統派スタイル。1ステージがやや長く、プレイの区切りをつけにくい面がありますが、ちびロボのamiiboとセットで、成長要素を楽しみながら気長に遊ぶぶんにはちょうどいいのかも。

週刊ファミ通1400号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
8

誰もが安心して遊べる完成度の高さが見事。ロープアクションは、狙って当てたときの快感と、成りゆきでいい結果が出たときの意外性が好バランスです。クリアーしたステージに再挑戦しなければならない状況が多発する構成は、先が見たい気持ちが募る初回プレイでは少々イラッともしますが、救済措置や追加要素がちゃんと用意されているのはさすが。リアルなお菓子の収集には夢中になれました。

週刊ファミ通1400号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
2005年に登場した『ちびロボ!』がアクションゲームに。地球の平和を守るため、お尻の“ヒップラグ”を振り回し、敵を倒したりブロックを壊して冒険する。amiibo対応。
発売日
2015年10月08日
価格
4700円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

なげなわアクション! ぐるぐる! ちびロボ!に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!