クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
すべてを飲み込んで滅ぼす、虚無から生まれた主人公が、色彩を操りながら世界を冒険。地面に色を塗り、その色が持つ固有のアクションを駆使してステージを進んでいく。
詳細を見る

ニヒラブラ -生命と色彩の旅路-(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
8

独特の世界観と雰囲気のあるグラフィック、そしてナレーション&メッセージによって物語が進行する、絵本のような作りが魅力。壁や地面に色を塗り、色の持つ特性の組み合わせを考えながらステージクリアーを目指すひらめきと発見が心地いい。タッチパネルと方向キー、さらにボタンを併用する操作は若干煩雑だが、アクションとパズルのバランスはよく、難度は適切。ロードの頻繁さは気になった。

週刊ファミ通1380号より

レゲー秋山
ファミ通公式 PS Vita
8

1周目は、謎解きで詰まっても、何度か死ぬうちに解法が浮かぶバランス。若干物足りなさがあるものの、多くを語らずに余韻を残す、“大人の絵本”的な物語を堪能できる。本番は、2周目から開放される“虚無モード”。謎とアクションの難度が上がり、覚えゲー好きやマゾゲーマー以外はかなりキツい作りという、まったく別の顔に。遊び手を選ぶが、全体のボリュームは十分で、コストパフォーマンス高し。

週刊ファミ通1380号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

色をつけて壁や床に特性を与えるシステムが特徴的でおもしろい。アーティスティックな世界観は魅力的で、進行に合わせたナレーションも雰囲気がある。クリアー後にプレイできる“虚無モード”は、パズル性とアクション性が増して、歯応えのあるプレイを楽しめる。複数の色を活用して切り抜ける場面などでは、L、Rボタンでの色の選択時に、切り替わる色が直感的にわかるとありがたかった。

週刊ファミ通1380号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
7

綿密に描き込まれた絵画のようなグラフィックはため息もの。動きも滑らかだし、モンスターの造形も見どころです。色を駆使して進むステージは歯応え十分だけれど、導入が丁寧なのはうれしいね。仕掛けを解いて進むうちに、“空っぽ”だった主人公にどんどん愛着が湧くように。そのぶん、日本語ボイスでの語りが精神に深く刺さります。欲を言えば、もっとたっぷりステージを堪能したかったところ。

週刊ファミ通1380号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
すべてを飲み込んで滅ぼす、虚無から生まれた主人公が、色彩を操りながら世界を冒険。地面に色を塗り、その色が持つ固有のアクションを駆使してステージを進んでいく。
詳細を見る

ニヒラブラ -生命と色彩の旅路-に関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  3. 3
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  4. 4
    PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも
  5. 5
    【ホロライブ】宝鐘マリンのファンブックが1月27日に発売。マリン船長のいまと過去に迫るインタビュー、豪華作家陣によるアンソロ漫画やイラストなど収録