クロスレビュー

平均

8.5

2ユーザー

スコア

;">
10
『ファイアーエムブレム』シリーズとアトラスのコラボレーションRPG。それぞれ悩みを抱え、現代を生きる若者たちが、異世界を舞台に、敵の“ミラージュ”に仲間と立ち向かう。
発売日
2015年12月26日
価格
6700円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
RPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

幻影異聞録♯FE(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii U
8

アトラスが得意とする、若者の活躍するRPGをベースに、『ファイアーエムブレム』のテイストが加わったことで、新鮮な印象を与える作品に仕上がっている。バトルは、敵の弱点属性を突くことで仲間が追撃を行う“セッション”が楽しい。エンカウント前に敵のシンボルを斬ることで、先制攻撃のほかに、戦闘回避もできるのが便利。仲間キャラクターの成長が、イベントで丁寧に描かれているのもいいね。

週刊ファミ通1413号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
8

弱点を突くことによって生じるコンボなど、おおよそのシステムやプレイ感は『ペルソナ』シリーズに近いかな。“パフォーマ”という力を集めるためにアイドルになる、という設定もキャッチーでおもしろく、ひとつのRPGとしてしっかりと作られている印象。これまでの“ペルソナ”のポジションや敵として、『FE』のキャラが登場する点を除くと、『FE』色があまり出ていないのは少し残念に感じた。

週刊ファミ通1413号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
9

敵の弱点を突くのが重要な戦闘を始め、オシャレな演出やユーザーインターフェースなど、手触りはまさにアトラス製のRPG。弱点を探して“セッションスキル”の発動を狙うという戦術の肝がわかりやすいのがいいし、習得したいスキルや敵に応じて武器を変更する戦略性も楽しい。各種情報がWii U Game Padの画面にまとめられているところも○。“ユニティ”が可能になるとお知らせが届くのは便利。

週刊ファミ通1413号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
9

アトラス作品ではおなじみの、現代の東京で高校生が活躍するR P Gに、ファンタジー世界の『ファイアーエムブレム』キャラが絡む構成は、物語上も絵的にも驚く溶け込み具合。芸能がテーマの演出が印象的で、戦闘までライブパフォーマンスに見立てる凝りよう。仲間との連携や、武器としてサポートしてくれる『FE』キャラとの共闘感がアツい。スキルや武器の育成要素は、若干面倒ですが楽しいです。

週刊ファミ通1413号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

しゅくりむ
Wii U 2016-05-29 18:07:56投稿
10

良かった点
見た目や全体のストーリーも含めてゲームの雰囲気がポップでカラフル。
加えて、キャラクターがみんなそれぞれにとても魅力的で、遊んでいて清々しく心が気持ちいいです。
ファイアーエムブレムの曲や効果音の使い方が上手。
インターミッションというストーリーに休憩が入るのがいい。
唄やダンスがすばらしい。しかもそれをバトルに取り入れてるのもいいです。バトルが飽きません。
RPGに難易度があるのはいいですね。プレイヤーが遊び方を選べることになりますしね。

悪かった点
リクエストという細かいクエストの進行状況が一覧で見られないのが不便。
マップで確認はできるんですけどね。
それと、悪い、というわけではないのですが本作発売間近の情報、ゲーム序盤でのFEコラボのコレじゃないという感じ。なんで戦う姿で、さらに武器になるのか。
シナリオとしても無理があります。

総評
とても面白かったです。楽しみにしてて、悪い部分にも書いたFEコラボのコレじゃない感を感じつつも、FEの曲と魅力的なキャラクターと素晴らしい歌に演出と褒めるべき部分が多く、さらにフレンドリーという難易度に助けられ気持ちよくサクサクすすみました。
ツバサのアイドルとしての成長を中心に、トウマ、エリーを支え震わせ、キリアのイメージが定着した歌手とマモリの子役ならではの悩みを聞きつつ、マイコさんとバリィさんのコミカルな悩みを解決し、チキの存在のしかたの苦悩を和らげる。そして敵として出るヤシロを仲間に。まさに主人公のストーリーはFEのロードとして支えつつも中心として導くものそのものでした。

そして終盤!!!ここからです!

初代FEのストーリーが濃く絡むようになり、そして主人公のピンチからの、、、ファイアーエムブレムコラボとして、これは!!これこそがコラボだっ!!!

っと、予想もしなかった展開と感動で体が震えました。
そのままラスボス戦突入!
感動のままの最終決戦はとても熱い戦いに感じました。

そして、すべてのサイドストーリーをこなしていたのでトゥルーエンドへ。
ミラージュたち、主人公たちのその後を少し垣間見つつラストを迎えました。

そしてすぐ2週目開始。ムービーをいつでも見られるとこまで進めました(序盤ですから)

そして序盤からムービーを見直しもういちどあの感動を味わっていました。


とまぁ、とにかく期待と違ったコラボの方向。たぶん、FEのキャラがミラージュという形に納得いかなかったんだと思います。
そこからの予想外のコラボ展開!しかもそれが素晴らしい。

これは、発売直後くらいまでの情報や序盤やっただけで感想述べる人の意見はまっっったく意味はありません!
最後まで遊んで、FEというコラボするのに特徴付けの難しい作品とアトラスRPG、このコラボの正解を感じられます。
アトラスも任天堂側から、たたFEのストーリーをなぞる、ただキャラを出すのはダメと言われ苦労したかと思いますが、まさかまさかの面白いゲームをありがとう。


細かいところでは、インターミッションというストーリーのインターバル。
これ、意味あるのかな?と思いましたが、意図的にストーリーに区切をいれることで、ここでサイドストーリーやリクエストをやろうかな?とか、装備やアイテム整えたりとか、少ない時間でも遊ぶ気にさせてくれます。
たぶんコレがなかったら一気にストーリー進めて後で細かいクエストやろうってなって。それでクリアしたらもういいや。ってなったかもしれない。
でもサイドストーリーをやってこそ感動は増すし戦闘も楽になるので、さりげなくこのインターミッションに助けられた気がします。

全体通して、気持ちよく遊ぶ工夫が随所にみられると感じました。
2章で難易度フレンドリーにして細かいクエスト全部と、カルネージ(武器)とスキルほぼ集めてクリアまで55時間でした。こんなに長く遊んだゲームは少ないかも。

WiiUがある、興味がある。遊ぶ理由はそれで充分です。遊んでください♪

ガル詩人
Wii U 2016-02-13 23:28:27投稿
10

良かった点
バトルの爽快感というか、敵の弱点を突いた時に次々と仲間が登場して追撃をしてくれる戦闘はペルソナと似ていながらも別の仕組みになっていて面白い。
また、仲間同士の合体技も多く、発動させるのが気持ち良いです。

グラフィックというか背景が良く出来ているなぁと思いました、
渋谷の街並みは良く出来ていました。

女性キャラの衣装の豊富さが凄いです、いまどきのRPGでは珍しく、ゲーム内で手に入る衣装の数がかなり多いです。
他のゲームだと1着リアルマネー500円とられてもおかしくない衣装がゲーム内で手に入ります。

ゲーム内の楽曲数が非常に多いです、アイドル(芸能)をテーマにしたRPGとはいえ、キャラソンアルバムは18曲収録されており、その全てがゲーム内で流れるわけですが、どれも良い曲でアイドルゲーム顔負けの内容になっていました、また曲が流れる時のアニメーションも良く出来ていましたし、曲によっては戦闘中発動する技になる曲も多数あって盛り上がります。

音楽面映像面で手を抜いてないところがプレイしていて感じるゲームで、プレイしていてとても気分が良かったです。
特にドリーム☆キャッチャー、Fly~君という風~、迷路は良いですね。

織部つばさというメインヒロインの成長物語でもあるのですが、
最初のFeelという曲からFlyにたどり着いた時の感動はとても良かったです。

悪かった点
WiiUでしか遊べないこれにつきると思います。
合間合間に入るGamePadでの操作で仲間のチャットを既読にしないと進めなかったり、GamePadの電池が切れても画面に警告が出ないところとかも気になりました。

主人公がPTから外せない、FEの剣槍斧の弱点が有りますが、主人公は剣固定でペルソナでいうペルソナが変えれないので全戦闘で槍が弱点のキャラが3人PTで1人固定になってしまっています。
弱点を突かれると1攻撃で即死する危険性があり、1人でも死亡すると復帰が厳しいゲームになっているので、主人公は弱点属性を補える要素か固定にしないでほしかったです。

前衛後衛の要素が無いのに、女性キャラが男性キャラのHPの半分くらいしかない、ペガサスナイト、弓、魔法使いの3名が後半役に立たないです。
属性や武器の相性を凌駕して1発でヤラレます。

現段階でも悪くないんですが、もうちょっと、ほんの少し3Dグラフィックのキャラを可愛く作ってほしかった。

総評
プレイしていて非常に面白かったです。
メガテンxFEのコラボなのかと思っていたら、ペルソナに近い作りで、ペルソナがFEのキャラといった作りでした。
暗黒竜と覚醒のキャラしか出てきませんが、プレイすれば理由は分かります。

ペルソナ3・4のオサレというよりは日曜朝9時前後にやってそうなアニメっぽい感じの作品で、嫌な気持ちになることが有りませんでした。

次回作が出たら100%買いますし、追加要素が増えただけの焼き回しが出ても買うと思います。
収録されている衣装も良かったですし、キャラソンCDも良い曲が選ばれていてお得なパックでした。

とても面白かったんですがやっぱりやっていて思ったのが、
FEファンは全く得しませんし、キャラクター扱いやFE要素が無い。
メガテンファンも明るすぎる世界観にコレじゃない感が強いです。
ペルソナファンにお勧めしたいですがすでにペルソナ5が出ますし。
なによりこのゲームのためにWiiU本体を買うことをお勧めするのはキツイ…です。

だれに向けた作品だったのだろうと感じてしまいました。
メガテンとFEを掛け合わせたギリギリの命のやり取りが有りそうな期待感を持たせず、はなからペルソナ外伝とかそういった言い回しにして置けばよかったのになぁと。

女神異聞録→幻影異聞録っていう派生なのかもっていうのは買う前には中々気付けないと思います。
これがもっと売れる方法がどうにもファン目線でも思いつかないのが悔しいですね(笑

クロスレビュー

平均

8.5

2ユーザー

スコア

;">
10
『ファイアーエムブレム』シリーズとアトラスのコラボレーションRPG。それぞれ悩みを抱え、現代を生きる若者たちが、異世界を舞台に、敵の“ミラージュ”に仲間と立ち向かう。
発売日
2015年12月26日
価格
6700円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
RPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

幻影異聞録♯FEに関連

すべて見る

幻影異聞録♯FEに関連

すべて見る
  1. 1
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  2. 2
    【ヒロアカ】基本プレイ無料バトロワ『僕のヒーローアカデミア ULTRA RUMBLE』がCBTのテスター募集を開始。ヒーローやヴィランとなって24人の乱戦を勝ち抜くオンライン対戦ゲーム
  3. 3
    『ガンダム』3作品が日曜アニメ劇場で本日(1/16)19時より連続放送。『ガンダム00 スペシャルエディションII』、『MS IGLOO』“-1年戦争秘録-”第3話、“-黙示録0079-”第1話の3作
  4. 4
    “桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅”が1月25日より発売。とろっとした黒蜜ソースをきな粉もちで包み山梨の銘菓を再現!
  5. 5
    『鬼滅の刃』遊郭編、妓夫太郎役の逢坂良太が「上弦の鬼を演じるのはかなりのプレッシャー」とコメント。炭治郎と宇髄が上弦の陸に立ち向かう新たなキービジュアルが公開