クロスレビュー

平均

9.8

3ユーザー

スコア

;">
8.3
主人公のラゼルとテレシアが、世界を救う大冒険の旅へ。フィールド探索や転職システムなどの新要素で、冒険感がさらにアップ。最大4人でのオンラインマルチプレイにも対応。
発売日
2016年05月27日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス ほか
詳細を見る

ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
10

『DQ』シリーズの世界観+多数のモンスターをなぎ倒す爽快感という、前作で好評だったテイストは健在で、さまざまな点がさらに進化。とくに、フィールドが追加されて、移動と戦闘ができるようになったことにより、冒険感が増したし遊び応えもアップ。プレイアブルのキャラの数が増えて、バラエティーも豊かになった。マルチプレイが加わり、友だちとの協力プレイを手軽に楽しめるところもいいね。

週刊ファミ通1434号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
10

前作は、対象を守ることが目的になるバトルが大半で、ストレスを感じるところもあったが、本作ではそれがあまりなくてテンポがいい。アクションの操作感も良好。自由に移動できるフィールドや拠点となる町が追加されたことで、『DQ』シリーズならではの“冒険している”という感じが味わえるようになったのはデカいですな。転職や熟練度の追加など、やり込み要素もプラスかと思います。

週刊ファミ通1434号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
10

広いフィールドを探索可能となったことで、『ドラゴンクエスト』らしさがアップしており、冒険の雰囲気をより味わえるように。主人公が転職によって、武器や戦闘スタイルを多彩に変更でき、アクションの幅が広がっているのも○。モンスターコインに“ヘンシン”タイプが増え、愛着のあるさまざまなモンスターを、自分自身の手で操作して戦えるのもうれしい。前作からの進化が随所に感じられる内容です。

週刊ファミ通1434号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

ファン向けのスピンオフ作品として楽しい仕上がり。歴代の人気キャラやおなじみのモンスターが集合してのお祭り感は、シリーズ30周年のイベントに参加しているかのような気分に。地形を活かした戦いや防衛戦など、ドラマ性を感じられるバトルがいい。一方、操作キャラを簡単に切り換えられるだけに、王様防衛組と攻撃組のようにパーティーを分割できれば、戦術的な楽しさがさらに増したかと。

週刊ファミ通1434号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.8

3ユーザー

スコア

;">
8.3
主人公のラゼルとテレシアが、世界を救う大冒険の旅へ。フィールド探索や転職システムなどの新要素で、冒険感がさらにアップ。最大4人でのオンラインマルチプレイにも対応。
発売日
2016年05月27日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス ほか
詳細を見る

ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わりに関連

すべて見る

ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わりに関連

すべて見る
  1. 1
    『ゴールデンカムイ』杉元・白石が350ml缶に、鶴見・土方・尾形が500ml缶にデザインされたサッポロ クラシック“ゴールデンカムイ缶”が7月20日に発売
  2. 2
    【フッ】『スパイファミリー』アーニャの可動フィギュアが登場。余裕の笑みや驚き顔など劇中さながらの顔芸も楽しめる!
  3. 3
    アニメ『スパイファミリー』の印象的な4つのシーンを立体化したプチラマシリーズが登場。ロイド・アーニャ・ヨル・ダミアンがラインアップ
  4. 4
    『ハンター×ハンター』冨樫義博氏がTwitterを開設。 “冨樫先生”、“連載再開”、“あと4話”などがトレンド入り
  5. 5
    『龍が如く7』『ジャッジアイズ』『バーチャファイター eスポーツ』など35タイトル以上が最大90%オフとなるセガのアーリーサマーセールが開催中
特設・企画