アサシン クリード クロニクル チャイナ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

奥行きのある“2.5D”のビジュアルをうまく活かした数々のアクションが秀逸。パルクールやステルス、“イーグルダイブ”といった『アサシン クリード』シリーズの醍醐味が凝縮されており、オリジナル版を思い起こさせるプレイ感覚。やり込むほどにアクション要素が広がっていく作りで、煩雑さもなく、ユーザーの誘導も親切。剣でのバトルは、攻防の駆け引きや一発逆転の要素もあって、遊び応えがある。

週刊ファミ通1377号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

プレイの感覚は2Dの横スクロールのアクションだが、手前や奥側の壁に張りついての移動など、立体的な動きも可能で、『アサシン クリード』らしさは健在。絵のような質感のグラフィックは味があり、中国を舞台にした物語も新鮮。防御のタイミングがシビアで、ステルスが重要となるバランスかな。敵の視野や巡回ルートを確認しつつ、タイミングを計って行動するのは、パズル的なおもしろさがある。

週刊ファミ通1377号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

横スクロールアクションなのに、3D作品の『アサシン クリード』シリーズの要素がしっかり詰まっているのに驚き。個々のアクションが、ステージを進めながら身につくのもいいね。敵の視界が視覚化されていて、遊びやすくなっている印象だけど、サブミッションのクリアーやアイテムを回収しようとすると知恵が試されるのは、シリーズならでは。エツィオがチラリと登場するのも、ファンにはうれしい。

週刊ファミ通1377号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
9

本編とはずいぶん印象が違う中国水彩画風の背景と、横スクロールがメインのアクションにも関わらず、プレイすると、それはまごうことなき『アサシン クリード』の世界。移動やバトルが2Dの動きにほぼ限定されてはいるが、シンプルかつ軽快なアクションはもちろん、“鷹の目”や干し草への“イーグルダイブ”といった、シリーズでおなじみの要素も楽しめるのもうれしい。大人っぽいBGMも耳に心地いい。

週刊ファミ通1377号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

  1. 1
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【ポケカ】VSTARユニバースのSAR/ARまとめ。リザードンVSTARやミュウツーVSTAR、カイ、シロナの覇気など事前に発表されたカードを紹介
  3. 3
    『ポケモンSV』更新データ(Ver.1.1.0)が12/2に配信。ランクバトルがついに解禁!【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    映画『シティーハンター』2023年に公開決定。原作者・北条司氏描き下ろしビジュアル解禁。神谷明や伊倉一恵などのメインキャストは続投
  5. 5
    【ポケカ】12月2日発売の新ハイクラスパック“VSTARユニバース”の収録カードが公開。カイ、セキのスペシャルアートレアも明らかに!
特設・企画