クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
オカルトを揶揄して炎上させ、アクセス数を稼ぐ、アフィリエイト目的のブログ運営者、我聞悠太。取材先で他殺死体を発見したことを機に、彼は奇怪な事件に巻き込まれる。
発売日
2017年11月09日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
MAGES.
関連サイト
http://occultic9.jp/
詳細を見る

オカルティック・ナイン(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

主人公が“まとめブログ”の管理人で、広告収入を得るためにオカルトに首を突っ込む、という設定がユニーク。文中のワードを記録して、ブログのネタにできるのもおもしろい。“ワロス”などのネットスラングの多用や独特なノリは、好みが分かれそう。画面レイアウトのデザインや各種演出も凝っていて、いい意味で『ペルソナ5』の影響かな、とも思ったり。ただ、価格設定はちょっとお高めに感じました。

週刊ファミ通1509号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

主人公を始め、どのキャラもなかなかクセがあり、好みが分かれるかもしれないが、ミステリー要素のあるストーリーの意外な展開に驚かされ、話を読み進めるほどに先が見たい気持ちが強まります。“ブログワード”を集めてブログの見出しを決める“アフィトリガー”のシステムはユニークな一方、その影響がすぐにはわかりづらいところがあるかな。スタイリッシュな雰囲気の画面レイアウトや演出はナイス。

週刊ファミ通1509号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

選択肢形式でなく、集めたキーワードを組み合わせてブログを書いた結果が展開に影響するのが目新しい。キーワード選びで毎回悩むけど、偶然おもしろいものができることも。また、ラジオで声を傍受するなどの仕掛けもいいアクセント。立ち絵を背景に溶け込ませたり、一部のボイスが早口になっているなど、原作アニメをうまく再現している。ただ、キャラのノリやオタクネタは、遊び手を選ぶかな。

週刊ファミ通1509号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

オカルトをテーマにしつつも、志倉千代丸氏独特の科学的な要素が加えられ、彼が手掛ける作品らしく、緻密なストーリーや重厚な世界観を堪能できる。プレイヤーが決めたブログの記事内容によってシナリオが分岐する仕組みもおもしろい。テレビアニメ版にはないエピソードが楽しめるのも◎。UIのデザインにも力を入れているのだが、そのせいかメッセージウインドーの表示が小さい点は気になった。

週刊ファミ通1509号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
オカルトを揶揄して炎上させ、アクセス数を稼ぐ、アフィリエイト目的のブログ運営者、我聞悠太。取材先で他殺死体を発見したことを機に、彼は奇怪な事件に巻き込まれる。
発売日
2017年11月09日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
MAGES.
関連サイト
http://occultic9.jp/
詳細を見る

オカルティック・ナインに関連

すべて見る

オカルティック・ナインに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕