クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
人気アニメ11作品の登場キャラクター総勢47名が、ライブパフォーマンスで魅せる。全国を巡る“ツアーモード”や、1曲を多彩な形式でプレイする“ワンマンライブ”を収録。
発売日
2015年12月17日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
音楽
メーカー
セガ
関連サイト
http://miracle.sega.jp/
詳細を見る

ミラクルガールズフェスティバル(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ウワーマン
ファミ通公式 PS Vita
8

まさに“祭典”という表現がピッタリ。多種多様な作品のヒロインたちが一堂に会するのは、やはり華やかでいい。モデルのデキもよく、非常にかわいらしくてグッド。楽曲は、フルバージョンも収録され、プレイ後の満足度は高い。ただ、ゲームオーバーがない仕様のわりには、譜面の難度は高くて判定もきびしめ。『Project DIVA』のシステムを踏襲せず、もっと爽快さに重点を置いてもよかった。

週刊ファミ通1410号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

多彩なアニメ作品のキャラが多数登場するお祭り感が大きな魅力。リズムゲームのシステム部分は、『Project DIVA』シリーズとほぼ同様だが、ステージの演出や観客のコールといったライブ感があるところがひと味違う。キャラのモデリングはかわいらしく、活き活きと動く様は、見ていてテンションが上がる。収録楽曲の数は多くはないが、それぞれテレビサイズとフルバージョンがあるのはうれしい。

週刊ファミ通1410号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
7

入力タイミングの判定がシビアで、腕前が上がるほど豪華な演出が楽しめる仕様のリズムゲームパートは、「攻略しなければ」という意識を強く刺激されます。美少女主体の深夜アニメのファンと、女性声優のファンのそれぞれにとってのご褒美となるコレクション要素は、各人のペースでくり返しプレイすることで、自然と充実させられるのがいいですね。観客コールつきのアニソンにグッとくる人なら。

週刊ファミ通1410号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

企画の勝利。いろいろな作品のキャラたちが、代わる代わるライブに出演する構成は、音楽フェスのようで、じつににぎやか。ファンによるコールも雰囲気を盛り上げます。ゲーム部分は、ほとんどの拍でボタンを押さねばならない場面が続いたり、視覚に頼る部分が大きかったりと、リズムに乗る心地よさを感じにくかったのが残念。一方、モデリングのかわいらしさと、自然な動きのダンスは見ものです。

週刊ファミ通1410号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
人気アニメ11作品の登場キャラクター総勢47名が、ライブパフォーマンスで魅せる。全国を巡る“ツアーモード”や、1曲を多彩な形式でプレイする“ワンマンライブ”を収録。
発売日
2015年12月17日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
音楽
メーカー
セガ
関連サイト
http://miracle.sega.jp/
詳細を見る

ミラクルガールズフェスティバルに関連

すべて見る

ミラクルガールズフェスティバルに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画