クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
主人公の時坂洸が、“現実世界”とその並行世界である“異界”を行き来しながら、仲間とともにイベントや依頼をこなし、特殊能力を駆使して怪異“グリード”を討伐していく。
発売日
2015年09月30日
価格
6480円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本ファルコム
詳細を見る

東亰ザナドゥ(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
7

物語は丁寧に描かれているが、展開は若干ゆったりめで、間延び感も。戦闘は、攻防の駆け引きが味わえるアクション性の高い作りで◎。敵属性によってキャラを切り換えるなど、戦略性もある。ただ、攻撃が○ボタンなのに対して、視点移動が右スティックで視点のリセットが方向キーの上と、戦闘しながらの視点操作がしにくいのは難。ダンジョンの仕掛けは、物語が進んでもさほど変わらず、やや単調。

週刊ファミ通1399号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
9

全体的な作りは『閃の軌跡』シリーズに近く、緻密な人物描写や豊富なやり込み要素など、ファルコム作品のいいところが凝縮されている。メインキャラを始めとする登場人物が、みんな魅力的で、複数の勢力が織り成す異界を巡る物語もおもしろい。メインストーリーがテンポよく進むのも○。キャラごとに戦いかたが大きく異なり、状況に応じてそれぞれを使い分けながら戦うアクションパートも楽しい!

週刊ファミ通1399号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

戦闘時のアクションはキビキビとしていて、射撃や飛翔スキルを織りまぜて攻撃するのは爽快。敵の属性に合わせてキャラを切り換えながら戦うのもおもしろい。ステージ開始前に、出現する敵の種類と属性が確認でき、編成の参考にできるのもいい仕様。イベントシーンは、見せかたが若干くどく感じることもあるが、早送りが可能なのはいいね。エリアの移動も楽で、全体的に遊びやすく作られている。

週刊ファミ通1399号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

『軌跡』シリーズの舞台を現代に移し、アクション性を高めた作品という印象で新鮮。キャラのアクションは、もう少し洗練されていたらと思う部分もあるけれど、味方を瞬時に切り換えたり、必殺技の連続発動など、テンポは悪くない。依頼をこなして主人公の特殊パラメーターを上げたり、仲間との絆を深めるイベントを発生させるといった学園生活が楽しい。東京の立川周辺が舞台のモデルなのもニヤリ。

週刊ファミ通1399号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
主人公の時坂洸が、“現実世界”とその並行世界である“異界”を行き来しながら、仲間とともにイベントや依頼をこなし、特殊能力を駆使して怪異“グリード”を討伐していく。
発売日
2015年09月30日
価格
6480円 [税抜]
ジャンル
アクションRPG
メーカー
日本ファルコム
詳細を見る

東亰ザナドゥに関連

すべて見る

東亰ザナドゥに関連

すべて見る
  1. 1
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  2. 2
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  3. 3
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  4. 4
    『街』がセガサターンで発売。窪塚洋介など若き日の有名人が多数登場の実写サウンドノベル【今日は何の日?】
  5. 5
    『FF14』麻雀大会が1月22日13時からニコ生で放送。吉田直樹ら開発メンバーが立花慎之介、松野泰己、齊藤陽介と麻雀を打つ!