クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
PC版『不思議の幻想郷3PLUS』をベースに、新要素や改良を加え、さらにパワーアップ。挑むたびに地形が変わるダンジョンを冒険し、幻想郷に起きた異変を紐解いていく。
詳細を見る

不思議の幻想郷 THE TOWER OF DESIRE(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
8

随所にこだわりが感じられる、丁寧に作り込まれた作品。クロスメニューを始め、カテゴリー分けされた“もちもの”欄やインスタントダッシュなど、ストレスなくプレイできる各種インターフェースは◎。一般的なローグライクゲームのベースは押さえつつ、オリジナルの遊びもいろいろ盛り込まれている。ただ、「これは!」といった差別化が弱く、本作ならではのアピールポイントが薄くも感じられた。

週刊ファミ通1386号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

ゲームの根幹は『ローグ』なので、目新しさやオリジナリティーは希薄だが、遊んでみてのおもしろさはかなりのもの。装備したアイテムが、ちゃんと見た目に反映されるのは○。ダンジョン内で合成ができたり、アイテムや部屋の出口があるときに自動で軌道を修正してくれるインスタントダッシュが便利でよかった。『東方Project』キャラによるオリジナルの物語も、ファンにはうれしいポイントです。

週刊ファミ通1386号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

ローグライクのゲームとしてはスタンダードな作りでなじみやすい。スペルの発動や、“P”を集めて弾幕を撃つなど、『東方Project』シリーズらしさがしっかりシステムに組み込まれているのもいいね。調合や錬成でアイテムを作り出したりできる“にとフュージョン”は、さまざまな場面で活用でき、戦略に深みを与えている。曲がった道も自動で高速移動してくれるインスタントダッシュで、探索も快適。

週刊ファミ通1386号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
7

基本はローグライクなシステムだけど、“弾幕”を放ったりと、『東方』らしさもしっかりあります。キャラのアニメーションも非常に細やかでキレイなのだけれど、敵も同様にかわいらしいので、乱戦になると仲間と混同しがちなのが玉にキズかな。チュートリアルも丁寧だし、便利な機能や細かい設定がカスタマイズ可能なのもうれしいね。技の演出も華やかで、アドベンチャーパートもボリュームたっぷり。

週刊ファミ通1386号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
PC版『不思議の幻想郷3PLUS』をベースに、新要素や改良を加え、さらにパワーアップ。挑むたびに地形が変わるダンジョンを冒険し、幻想郷に起きた異変を紐解いていく。
詳細を見る

不思議の幻想郷 THE TOWER OF DESIREに関連

すべて見る
  1. 1
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  2. 2
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕