クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
原作の第1部から第8部までの主要キャラクターが総登場するシリーズ最新作。時代と世界を超えて、2対2のタッグバトルを展開し、オリジナルのストーリーを紐解いていく。
発売日
2015年12月17日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

前作の2D格闘から3Dのタッグバトルになり、ゲーム性がガラリと変化。個性的なスタンドの各能力が、うまくゲームで再現されている。演出面も相変わらず凝っていて、すばらしいデキ。オリジナルの物語が展開するストーリーは、原作では見られない組み合わせのタッグが可能。掛け合いのパターンも豊富でおもしろい。“バーサスモード”は、プレイアブルキャラが50人以上と多く、にぎやかで楽しい。

週刊ファミ通1410号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

前作のような、1対1の対戦格闘ではなくなったので、そこまでバランスを気にすることなく、『ジョジョ』の世界観の中で気持ちよく遊べる。3Dフィールド内を自由に歩き回れるので、マライアやンドゥールみたいに、卑怯に逃げ回るキャラの魅力も再現できているかなと。キャラクターの掛け合いが非常に豊富なのは、ファン的にもうれしいし、ifの組み合わせやストーリーもいい具合の完成度でした。

週刊ファミ通1410号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

グラフィックや演出面がすばらしく、各スタンドの能力などの表現や再現性が高いのがグッド。荒木飛呂彦先生が監修したオリジナルストーリーは、見応えがあってワクワクする。バトルでは、原作では見られなかったキャラどうしの掛け合いまで充実しているところがうれしいね。パートナーがほぼコンピューター任せになるシングルプレイでも、より作戦的に闘えるシステムなどがあれば、さらによかった。

週刊ファミ通1410号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

派手でゴージャスなグラフィックに終始圧倒。マンガから抜け出たような筆致のキャラが、描き文字をくり出しながら動き回り、2対2でそれぞれのスタンドまで加わる乱戦は、まるでお祭り。各キャラの特殊能力や、原作ではあり得ないコンビによる協力技など、ネタが満載で、それだけにローカルで共闘や対戦を楽しみたかったというのが本音。ひとりでじっくり“発見”を楽しむストーリーモードは◎。

週刊ファミ通1410号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
原作の第1部から第8部までの主要キャラクターが総登場するシリーズ最新作。時代と世界を超えて、2対2のタッグバトルを展開し、オリジナルのストーリーを紐解いていく。
発売日
2015年12月17日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブンに関連

すべて見る

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブンに関連

すべて見る
  1. 1
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  2. 2
    【FGO】ウィンターパーティースタッフトーク発表内容まとめ。福袋召喚ランキングやラスプーチンのデザイン資料が公開
  3. 3
    『ひろがるスカイ!プリキュア』新情報。キュアウィングはレギュラーメンバー初の男子プリキュア、キュアバタフライは18歳の新成人プリキュア
  4. 4
    『ギルティギア ストライヴ』ブリジットがフィギュア化決定。覚醒必殺技“帰ってきたキルマシーン”のポーズがベースに
  5. 5
    Switch『LONE RUIN(ローンルーイン)』が配信開始。魔法を駆使し廃墟と化した都市を探索するローグライクアクションシューティング
特設・企画