クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
主人公の朝比奈大吾となって、超不良校の私立九鬼島高校を舞台に、ケンカバトルを展開。本作ではビジュアル表現を刷新しているほか、学校行事などの遊び要素も満載。
発売日
2015年01月15日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
スパイク・チュンソフト
詳細を見る

喧嘩番長6〜ソウル&ブラッド〜(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

コミック風の見せかたになったイベントシーンは、テンポよく楽しめるほか、3年間を通して主人公が成長していくストーリーを見られるのがいい。技や服装のカスタマイズが楽しく、同じ服でも着こなしによって変化があるところがナイス。バトルは、爽快さがありつつも、ボス戦は歯応えがあり、強さをしっかり体感できるバランスになった。球技大会でのテニスなど、ミニゲームが増えたのもうれしいね。

週刊ファミ通1362号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
8

「そろそろ上級生のいる階に行ってみるか」といった具合に、自分流のルールやテリトリーを拡張する過程にワクワク。一匹狼が人間的に成長するメインストーリーのカッコよさと、オープンワールド要素全般のシャバさのギャップにも惹かれます。ネタやハプニングを楽しめる人ほどゲーム世界の居心地がいいはず。格闘アクションとしての爽快感は、少々手間な視点操作を差し引いても、まずまずです。

週刊ファミ通1362号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 3DS
8

本作から導入されたコミック表現は、コマ割りの部分もさることながら、集中線や描き文字が秀逸で、臨場感溢れる仕上がり。シリーズ初となる3年間の高校生活は、不良たちとの闘争に加え、発生するイベントも堅いものからナンパなものまでバリエーション豊か。ストーリー進行の自由度も高く、かなり好き勝手に遊べるのもうれしい。シリーズ名物の“メンチビーム”も健在で、『喧嘩番長』らしいデキ。

週刊ファミ通1362号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
9

『ヤンマガ』連載マンガを連想させる、不良モノの王道といった世界観に、マンガ調の演出がピッタリ。高校生活は自由度が高く、横道にそれて時間を費やす楽しさがありますが、本来やるべきことがつねに表示され、目標を見失いません。いざシナリオを進めようというときには、校章集めのケンカが単調に感じることもあるものの、新しい技を試すなど、変化をつける手段も豊富に用意されています。

週刊ファミ通1362号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
主人公の朝比奈大吾となって、超不良校の私立九鬼島高校を舞台に、ケンカバトルを展開。本作ではビジュアル表現を刷新しているほか、学校行事などの遊び要素も満載。
発売日
2015年01月15日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
スパイク・チュンソフト
詳細を見る
  1. 1
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  2. 2
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  3. 3
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  4. 4
    『ライザのアトリエ』ライザのシリーズ25周年を記念したフィギュアが登場。DX版は歴代シリーズに登場したアイテムが飛び出す豪華仕様
  5. 5
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
特設・企画