クロスレビュー

平均

8.3
前作“女神編”のほか、新作の“邪神編”と“魔神編”の3つの物語を収録したシリーズ最新作。ゲーム性や演出面を大幅にブラッシュアップしているほか、新要素を多数追加。
詳細を見る

フェアリーフェンサー エフ ADVENT DARK FORCE(アドヴェント ダーク フォース)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

“妖聖武器”を突き刺してダンジョンに影響を及ぼすシステムは、相変わらず独自性が高くておもしろい。“邪神編”と“魔神編”が追加されたことで、物語がかなりのボリュームになり、敵が味方になったり、またその逆もあるなど、意外な展開が楽しめるのがいい。ゲーム中に、チュートリアルで説明してくれるのは親切だが、システムがてんこ盛りなので、チュートリアル自体の多さが逆に少し気になった。

週刊ファミ通1404号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

最初はバトルが単調に思えたので、キャラで釣る系統のゲームかと思いきや、ある程度まで進むと、バトルまわりのシステムややり込み要素が豊富で、がぜん楽しくなってきますな。いや、キャラも十分魅力的なんですけど! ハードの変化にともない、戦闘シーンなどの処理がさらに滑らかになった印象。また、プレイ中のロードも速いし、全体的にサクサクとテンポよくプレイできるのはうれしい限り。

週刊ファミ通1404号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

ストーリーに新たな分岐が追加され、ルートによっては、前作では仲間にならなかったキャラが仲間になる展開も見られるのはうれしい。難易度設定が可能になり、より歯応えのあるバランスでも楽しめるようになったのもグッド。女神と邪神から“妖聖武器”を引き抜いていき、それらを活用してダンジョンに特殊な効果をもたらすというシステムは、独自性があるし、物語と絡み合っているのもいいね。

週刊ファミ通1404号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

前作は未プレイということもあり、神から抜いた剣をダンジョンに刺して効果を得るシステムに物珍しさを覚えました。一方、マップ構成や戦闘は、同社のRPGでおなじみの設計で、もっと新規性があれば。ただ、敵の強さやマップの広さ、主人公たちの成長度のバランスなどは、類似システムを採用した同社の作品ではもっともよく、作業感より楽しさが上回る印象。美青年キャラの存在感もよかったです。

週刊ファミ通1404号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3
前作“女神編”のほか、新作の“邪神編”と“魔神編”の3つの物語を収録したシリーズ最新作。ゲーム性や演出面を大幅にブラッシュアップしているほか、新要素を多数追加。
詳細を見る

フェアリーフェンサー エフ ADVENT DARK FORCE(アドヴェント ダーク フォース)に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモン剣盾】サルノリ、ヒバニー、メッソンの特徴や進化系を紹介。最初のパートナーに選ぶのは?【入門講座】
  2. 2
    映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』が公開された日。高橋名人は連打でスイカを破壊し、毛利名人は屋上でトランプタワーを組み立てる【今日は何の日?】
  3. 3
    バーチャルボーイが発売された日。VRゴーグルのような形状の3D立体視対応の据え置きハード。ゲームファンの誰もが「早すぎた」と語る先進的な伝説のマシン【今日は何の日?】
  4. 4
    『ペルソナ3 リロード』DLCで『P3フェス』の後日談“エピソードアイギス”が配信決定。DLC“エクスパンションパス”は3月12日から3回に分けて配信【Xbox Partner Preview】
  5. 5
    ローソンで『ブルアカ』キャンペーンが9月26日より開催。ラビット小隊とソラの描き下ろしイラストを使ったクリアファイル配布、グッズ販売などを実施