クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2011年にP C向けに配信された、2D横スクロールのパズルアクション。オブジェクトの影に身を潜ませながらさまざまなトラップをかいくぐり、ゴールを目指していく。
詳細を見る

Stealth Inc: A Clone in the Dark ULTIMATE EDITION(ステルスインク クローン イン ザ ダーク アルティメット エディション)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

シンプルな操作で歯応えのあるパズルが楽しめるのがいい。ステージは、ひとつひとつがほどよいボリュームで、さらに数が多いので、思わず没頭してしまう。死んで覚えるタイプのゲームだが、即リトライでき、ミスしたときに表示される皮肉めいたメッセージもおもしろく、さほど苦にならない。どうしてもクリアーできない場所はスキップできるのも親切。ステージクリエイトは、もう少し説明が欲しかった。

週刊ファミ通1343号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

解法手順に沿ったチェックポイントが細かく設けられているうえに、ミス→リトライのテンポが快適。ギミックの豊富なアクションパズルが苦手な私でも、根気よく遊べました。効率的な解法が固まった後も2Dアクションとしてやり込める、レトロアーケードゲームライクな作りにも燃えますね。PS Vita版は、画面がゴチャッとした印象になることと、頻繁にネット接続の確認が入る点には慣れが必要です。

週刊ファミ通1343号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
8

数多ある『LIMBO』フォロワーのパズルアクションの中でも、かなり良作。驚くような発明はないけれど、正々堂々とパズル性を突き詰めているのがとてもすがすがしく、好感が持てる。徐々に開放される特殊能力は、初挑戦のステージでは使えない仕様で、最後までバランスが保たれるのは○。ステージクリエイトは、やや敷居が高いが、触りながら理解できる範囲なので挑戦してみるのも楽しい。

週刊ファミ通1343号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

メインストリームから外れた作りが痛快。笑いにも通じる残酷な描写と、意地悪な罠が織り成すブラックなテイストは、伝説の洋ゲー『レミングス』の衝撃を思い起こさせる。試行錯誤を重ね、ようやくパズルを解く鍵をつかんだところに、ミリ単位の操作を要求されて行く手を阻まれるステージ構成には、歯ぎしりしながらも感心。クリアーまでに飛び散る血しぶきの量に、軽く病んでしまいそう……。

週刊ファミ通1343号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2011年にP C向けに配信された、2D横スクロールのパズルアクション。オブジェクトの影に身を潜ませながらさまざまなトラップをかいくぐり、ゴールを目指していく。
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ