クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
7.0
レゴブロックでできた世界を“おしごと大王”から救うべく、フィールド上に仕掛けられたギミックを解き明かしていこう。ミニゲームやアイテム収集など、やり込み要素も豊富。
発売日
2014年11月06日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ワーナー エンターテイメント ジャパン
詳細を見る

レゴ ムービー ザ・ゲーム(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

“作って壊して、また作る”、そんなレゴならではの醍醐味を、上手にテレビゲームとして表現した作品。レゴブロックだからこそできる数々の演出は見た目にコミカル。また、ただ敵を倒すだけではなく、謎解きの楽しさやフィールド内を探索する楽しさなど、アクションゲームのさまざまな心地よさが詰め込まれている。ステージごとに複数の小さな目的が設定され、ゲーム展開がわかりやすいところもいい。

週刊ファミ通1352号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

雰囲気の異なるいろいろなレゴの国に行けるのが楽しく、キャラを切り換えながらギミックを解いて進んでいくのもおもしろい。ユーモアが散りばめられた随所の会話やムービーシーンも魅力となっている。キャラやアイテムなどの探索や収集要素が豊富にあるのもいい。PS4版は、光の表現などのグラフィックがきれい。PS3版、WiiU版は、大きな差異はないけれど、ロード時間がちょっと気になるかな。

週刊ファミ通1352号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

原作の映画の物語を追いながら、派手なアクションシーンを体験できる。見た目とは違う、本格的なアクションと謎解きに衝撃を受けた。たまに詰まるところもあるけど、レゴならではの“崩して組み立てる”仕組みが取り入れられていて感心。キャラの能力を活かして別ルートを探したり、仲間集めをしたりと、やり込み要素も充実。映像の鮮やかさはPS4版が抜きん出ている。PS3版はロード時間がやや長め。

週刊ファミ通1352号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
8

映画『レゴ ムービー』と同じ内容のストーリーはもちろん、画面に登場する物すべてがレゴでできているという世界は、歩き回るだけでも楽しい。アクションの難度は低めでゲームオーバーもなく、ヒントの表示量が難易度設定となるユニークなシステムも○。多彩な能力を持つキャラが約90体、さらに多数のアイテムも用意され、収集要素もバッチリ。キャラ独自の能力を満喫できる周回プレイも楽しい!

週刊ファミ通1352号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ゲーム&漫画好き
PS4 2017-02-02 17:10:34投稿
7

良かった点
トロコンした上での感想になります。

・ゲームの世界がすべてレゴでできているので、世界を歩き回るだけでも楽しいです。
・キャラの数が豊富
・謎解きの難易度が程よい

悪かった点
・ゲームでは面をクリアした後にフリープレイステージへと移動するので、ストーリーがわかりにくくなっています。そのため、事前に映画をレンタルして把握している方がより楽しめると思います。

総評
難易度としては非常に簡単で、これより簡単なアクションゲームはあるかというくらいのレベルです。
ライフのようなものもあるのですが、全部なくなってもスタッド(お金のようなもの)を少し消費するだけで、すぐにその場で復活するので、ゲームオーバーすらあるのか不明です。

ですので、ある程度のゲーマーや歯ごたえのあるアクションゲームがやりたいというような人がやるとちょっと物足りなく感じるのと思うのであまりお勧めしません。

逆に小学生くらいまでの子供がいる家庭やレゴが好きという人、また最近のピストルドンパチゲ-で心が荒んで癒されたいという人にはお勧めです。

また、トロコンも非常に簡単ですので、トロフィー目当ての人にもお勧めです。

クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
7.0
レゴブロックでできた世界を“おしごと大王”から救うべく、フィールド上に仕掛けられたギミックを解き明かしていこう。ミニゲームやアイテム収集など、やり込み要素も豊富。
発売日
2014年11月06日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ワーナー エンターテイメント ジャパン
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画