クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
詳細を見る

Project Spark(プロジェクト スパーク)(Xbox One)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Xbox One
8

ゲーム作成ツールとしての自由度は高いが、その反面、煩雑で覚えることは多い。チュートリアルは充実しているものの、説明が微妙でわかりにくいところは難。また、どの項目にどのプログラム命令が入っているかが、階層をたどらないとわからないなど、慣れるまでは使いにくい。とはいえ、世界中のユーザーが作った数々のゲームを楽しめる、という点においては、コストパフォーマンスは非常に高い。

週刊ファミ通1352号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox One
8

工夫次第でじつに多彩なゲームが作れるうえに、他人が作ったゲームを遊ぶだけでも、ハマればかなり長く遊べそう。3Dの空間を作り込むのは手間だが、自由度が高いので、細かくデザインできるのはうれしい。さまざまな指示を出すブレーンの組みかたがキモになるが、説明が不十分なのは不満。ほかのユーザーのステージを検索する際、タグ別など、いろいろな検索方法や絞り込みができればよかった。

週刊ファミ通1352号より

本間ウララ
ファミ通公式 Xbox One
8

ゲーム制作の手順や操作など、複雑さはあるが、ボイスつきのチュートリアルで慣れていくにつれて、どんどんおもしろくなってくる。3Dのフィールドを簡単に2D横スクロールにできたりと、柔軟なところも○。キャンペーンモードでは、遊びながら行動の組みかたを学べるのがいいね。欲を言えば、詳細なハウツー機能などがあればなおよかった。ほかのユーザーのゲームを遊ぶのも、楽しい発見がある。

週刊ファミ通1352号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 Xbox One
7

使いこなせれば、かなり本格的な2Dや3Dのゲームが作れる。ただし、自力で使いこなすには、それなりの修練が必要となるのも確か。プログラムに明るいユーザーが、ゲームやスクリプトをどれだけ公開するかで、ツールとしての真価が決まると思う。ほかのユーザーが作ったゲームをベースにリミックスすることも可能なので、そこから始めるのもアリ。投稿作品が充実してくれば、かなりおもしろい。

週刊ファミ通1352号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画