クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、警察と犯罪組織をコンセプトにした物語。敵を銃撃するだけでなく、ステルスでやりすごすことも可能になり、攻撃のアプローチが多彩に進化している。
詳細を見る

バトルフィールド ハードライン(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

銃撃戦に持ち込むか隠密に逮捕するか、どのルートを通って目的地へたどり着くかなど、プレイヤーの判断によって幅の広い遊びが楽しめる作り。海外ドラマを見ているかのようなテンポのいいストーリーもいい。マルチプレイは、シリーズ前作と比べるとスピードが速く、爽快感がある反面、展開が早すぎる印象もある。乗り物の種類も多彩だが、どちらかというと、より歩兵戦に特化したゲーム性に。

週刊ファミ通1374号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

これまでのシリーズ作品とはゲームデザインがかなり異なっているが、多人数でのマルチプレイは十分と言えるおもしろさ。本作独自のルールもあり、新鮮な感覚でプレイできることは間違いない。シングルモードは、シリーズ中でもっともおもしろいと感じられるかと。登場する銃火器が充実しており、ラインアップもなかなかマニアック。カスタマイズも楽しく、ニヤニヤが止まらない感じですな。

週刊ファミ通1374号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

シリーズ過去作と比べて乗り物や武器が少ないのは寂しいものの、本作ならではのスピード感のある戦闘は、また違った魅力がある。指定された乗り物で走ることで勝利に貢献できる“ホットワイア”などは、カーチェイスが発生しやすく、展開の早い白熱したバトルが楽しめる。シングルプレイは、逮捕や捜査といった警察特有の行動により、報酬として武器のアンロックがされるシステムなのがナイス。

週刊ファミ通1374号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

1話あたり1時間前後のプレイ時間も含めて、海外の刑事ドラマのようなキャンペーンがユニーク。バッジを見せて容疑者の動きを止めるアクションも、その気にさせます。白人+黒人ではなく、マイノリティーどうしのバディものという構図は個性的ですが、もっと連携を感じたかった。マルチは、パトカーや白バイで追いつ追われつのオンライン“ドロケイ”(泥棒対警察の鬼ごっこ)的様相が楽しいです。

週刊ファミ通1374号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、警察と犯罪組織をコンセプトにした物語。敵を銃撃するだけでなく、ステルスでやりすごすことも可能になり、攻撃のアプローチが多彩に進化している。
詳細を見る

バトルフィールド ハードラインに関連

すべて見る

バトルフィールド ハードラインに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画