クロスレビュー

平均

8.3

2ユーザー

スコア

;">
8.5
霊の姿を映し出す“射影機”を手に、霊と戦っていくシリーズ最新作は、かつて霊山として崇められていた日上山が舞台。Wii U GamePadをカメラのように操作して撮影を行う。
詳細を見る

零 ~濡鴉ノ巫女~(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
9

いつ現れるかわからない霊のシャッターチャンスを逃すまいと、Wii U GamePadを持つ手につい力がこもってしまうのは必至。戦闘時も、GamePadを“射影機”にすることで、より臨場感の高い戦闘が楽しめているという印象。恐怖を味わわせるのための仕掛けも豊富なのがうれしい。ヘッドホン推奨なのはもちろんなのですが、できれば真っ暗な部屋で、GamePadを見つめる恐怖を味わってほしい!

週刊ファミ通1347号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
8

Wii U GamePadをカメラに見立てて撮影する仕組みは、ゲームとシンクロして、臨場感があってグッド。向きや傾きを変えつつ、怨霊や霊片を捉えてシャッターチャンスを狙う戦闘は白熱する。水にまつわる演出は雰囲気があり、濡れて透ける服の表現など、お色気要素もうれしい。小回りが利かないキャラの動作や、ヌルッとした視点移動は、恐怖心が煽るのに効果的なのだが、同時にもどかしさも感じた。

週刊ファミ通1347号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 Wii U
7

シリーズおなじみの攻撃用アイテム“射影機”は、Wii U GamePadとのマッチングも良好。大型のカメラを覗くようにGa m ePadの画面を傾けて行う激写が楽しく、臨場感もたっぷりです。全体的にもどかしさを感じる操作性は、ホラーゲームとしてのチューニングかと思われるが、逆にメリハリをつけたほうが怖さが増した気も。ゲーム中に手に入るコスチュームはかなり過激で、怖さを中和する効果も!?

週刊ファミ通1347号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
9

GamePadを活かしたWii Uならではの設計を高く評価。手元の地図となるほか、カメラとしての使い道が数通り用意されているのがユニークだ。シャッターチャンスに起動が間に合わなかったり、焦って失敗したりといったゲーム性が、物語にメリハリを与えている。プレイヤーキャラである美少女の表情やセクシーな体勢が目を引き、没入しての怖さはないものの、ホラー映画鑑賞の立ち位置で楽しめる。

週刊ファミ通1347号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

2ユーザー

スコア

;">
8.5
霊の姿を映し出す“射影機”を手に、霊と戦っていくシリーズ最新作は、かつて霊山として崇められていた日上山が舞台。Wii U GamePadをカメラのように操作して撮影を行う。
詳細を見る

零 ~濡鴉ノ巫女~に関連

すべて見る

零 ~濡鴉ノ巫女~に関連

すべて見る
  1. 1
    『ヘブバン』5/19生放送まとめ。リリース100日記念、メイン4章、今後のアップデート情報が公開
  2. 2
    【ソフト&ハード週間販売数】『Nintendo Switch Sports』が2週連続で首位に! 実写ミステリアドベンチャー『春ゆきてレトロチカ』もトップ10入り【5/9~5/15】
  3. 3
    『FF7』25周年関連の続報は6月上旬に公開予定。『FF7 リメイク』や『FF7 エバークライシス』の続報に期待が高まる
  4. 4
    『原神』×GiGO/セガのキャンペーン第3弾が6月11日より開催。雷電将軍や神里綾華など稲妻キャラの景品や原神焼き第2弾、ノベルティ付きドリンクの販売も
  5. 5
    『スパイファミリー』とユニクロのコラボTシャツが6月3日より発売。アーニャが胸ポケットから見え隠れするデザインがかわいい
特設・企画