クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人気番組『ゲームセンターCX』の放送開始10周年記念作品。プレイヤーは有野少年とともに町を散策しつつ、さまざまなゲームに挑戦してクリアーを目指していく。
発売日
2014年03月20日
価格
5220円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
バラエティー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

ゲームセンターCX 3丁目の有野(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

シリーズ作同様、“友だちとゲームで遊んでいる雰囲気”の作りかたが秀逸。より物語性を出したのはいいが、番組の内輪ネタが増えたのは気になる点。とはいえ各ゲームの完成度は高く、ひと味もふた味もヒネリの効いた奥深さ。ゲームによっては難度は高いが、きちんと救済処置があるのはうれしい。

週刊ファミ通1319号より

レオナ海老原
ファミ通公式 3DS
8

ストーリー部分がパワーアップし、1980年代の濃密な空気をより味わえるようになったのがうれしい。それぞれのゲームの難度は相変わらず高めで、当時の理不尽さもうまく出ていると思います。番組の人気スタッフがキャラとして登場したり、通信プレイができるようになったのもいいね。

週刊ファミ通1319号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
8

レトロ風の各ゲームはシンプルながらおもしろく、ノルマを段階的に達成していくのも楽しい。本屋や口コミで攻略法や裏技を知るなど、ファミコン世代の懐かしい感覚を味わえる。一部にタッチ操作しか受けつけない場面があるが、ボタンでも操作できるようにしてほしかったな。

週刊ファミ通1319号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

ひとつひとつのゲームのデキが秀逸。シンプルゆえに、自分の腕が上達していくのが感じられてうれしい。難しくても救済措置があったり、一部のゲームでは立体視やマイク機能対応なのもいいね。また、ファミコン世代なら“あるある”なエピソードが散りばめられていてニヤリとさせられる。

週刊ファミ通1319号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
人気番組『ゲームセンターCX』の放送開始10周年記念作品。プレイヤーは有野少年とともに町を散策しつつ、さまざまなゲームに挑戦してクリアーを目指していく。
発売日
2014年03月20日
価格
5220円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
バラエティー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画