クロスレビュー

平均

8.8

2ユーザー

スコア

;">
7.5
超高速スピードで多彩なアクションをくり広げ、巨人を狩っていく。本作では職業固有の必殺技や、武器を好みに育成する要素が追加。オンラインプレイ対応。
発売日
2013年08月29日
価格
4700円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
関連サイト
http://ace.gungho.jp/
詳細を見る

ラグナロク オデッセイ エース(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

yrske
PS Vita 2013-08-31 23:23:56投稿
7

良かった点
新システムACEスキルによりアクション・戦略の幅が広がり職毎の個性が強くなったが操作法に大きな代わりも無い為特に操作で困る事は無かった
前作の精錬システムが改良され何度もやり直しをする必要が無くなった、図鑑が出来た事によりコレクター心をくすぐられる
成長する武器『ハロモナスウェポン』はクエストに連れていけるNPC傭兵ヘルパーなどの様々な追加要素が加わったことにより遊びやすくなった上にやりこみ甲斐のあるゲーム内容となっている
打ち上げや吹き飛ばしといった要素が前作より発生しやすくなっている為重要度が増している

悪かった点
新モンスター及び新エリアが本編(前作)クリア後に遊べる為前作シナリオをもう一度クリアし直さなければいけない上にシナリオに絡んだ新規クエストも無く正直手間だった
ACEスキルの数が職によって差異がある、全体的に2,3個増やして選択肢を増やしてほしかった
職業の追加や新武器種などが無い為新鮮味は乏しい
前作DLCのソグラト砂漠などの新エリア新モンスターに関するクエストをもっと増やしてほしかった
傭兵ヘルパーには指示が出せると良かった、前半はともかく後半が・・・

総評
ハクスラ要素やアクション性が高くスピーディな戦闘は非常に楽しいし見た目の自由度の高さは魅力的
前作から追加要素だけでなく細かい修正や調整も入っている為前作以上に遊びやすくなっている為前作経験者だけでなく今作から新たに参戦するプレイヤーにもオススメしやすい
今後も前作同様DLCによる追加マップや追加クエストも予定しているとの事なので当分本作で遊べる分には非常に喜ばしい
次回作が出るのであれば、職業の追加や武器の追加などボリューム面に期待

みんら
PS Vita 2013-08-31 00:11:18投稿
8

良かった点
・増加アクションの面白さ
前作でそれぞれの武器にあった問題点が追加アクションである「ACEスキル」でだいたい解消されているような気がします。
「理不尽な攻撃力と攻撃判定で迫ってくる敵」に対して、「ぶっとんで便利なアクションを手に入れたプレイヤー」が挑むゲームになりました。

・ほどよい難易度調整
  :雑魚の攻撃1発1発でプレイヤーが怯むため、雑魚の集団に囲まれると職によっては詰む。
  :敵に与えるダメージは一定値を下回ると強制的に1になるため、手数重視の職は特定のボスに対して攻撃力が足りなくて詰む。
 :パーティ全体で3回死亡するとクエスト失敗だが、ボスの放つ絶大な攻撃力と理不尽な攻撃判定の一撃で3人同時に死んで一瞬でクエスト失敗になったりする。
などなど、特に中級者のプレイヤーに対してとてつもなく厳しいゲームだったのですが、そのあたりいろいろ調整されているようです。

難易度低下しただけかといえばそうでもなく、ACEスキルの登場でより計画的にAPを使う必要性が出たり、前作でボリューム不足だったボス敵に新アクションが出て手強くなったり、「嬉しい難しさ」がいくつか増えたような気もします。

悪かった点
・傭兵ヘルパーのAIが劣悪
こればかりはとにかく酷いです。
傭兵ヘルパーは回避行動も防御行動もめったにしないため、中盤以降はほんとうにすぐに死亡してしまいます。ソロの難易度低下にまったく噛んでくれません。
それだけならば構わないのですが、「世界樹の迷宮」というダンジョンでは「ヴァルハラ」という突発ミッションのようなものが発生するのですが、そのミッションには「一発も被弾しないこと」が条件のものがあります。が、ヘルパーがダメージを受けてもヴァルハラは失敗なのに対し、そんな事はおかまいなくヘルパーが猪突猛進していき、当然失敗になってしまいます。
そういうわけで難しいクエストでも傭兵ヘルパーを雇わず、めっきりソロで遊んでいます。


・ダーインスレイヴ(DS)まわりの操作の不便さ
DS発動は「R+○」「画面のアイコンをタッチする」の2種類なのですが、R+○だと相変わらず○ボタンに設定されたアクションが暴発します。
走りながらDSに移行したい時なんかにやはり不便ですので、
前作では左手ですぐ押せる位置にDSアイコンがあったので(暴発も多かったですが)スムーズに移行できたのですが、今作ではアイコンの位置がボタンから遠くなったので、DSに移行する瞬間だけ無理な持ち方に変えて無理矢理アイコンをタッチしています。
ほか、ACEスキルのホールド操作中にDSをしようと思っても、○ボタンに設定されたACEスキルが暴発し、ホールドが解除される問題点があります。
細かくキーバインドや画面のアイコン配置をコンフィグできるようになるといいのですが。

・一部ACEスキルが強すぎるor弱すぎる
まだ遊んだばかりなのであまり深いことは言えませんが、性能やクールタイムの差から、「臨機応変」では収まりきらない程度にはACEスキルの優秀、不遇が分かれてしまっている気がします。
これから活用しているうちに感想は変わるのかもしれませんが、職によってはただでさえ数の少ないACEスキルの選択肢が狭まりやすいです。

総評
ひとまずChapter9(前作のクエストクリア)まで遊んでみました。
メイジで遊んでいます。ACEスキル(主にファイアーボール)がべらぼうに強いので
ほとんど詰まらずにプレイできています。


前作では発売後しばらくしてから各職業やスキルのバランス調整が入ったので、今作でもいくつか調整が入ってくれるといいなぁと思ってます。調整に積極的なゲームはとても好感が持てますし、遊んでいて安心できます。


「サポート向けの職業(それでいてソロが非常に快適)」「敵のターゲットを引き受ける職業」「不意打ちで大ダメージを叩き出せる職業」などなど、ほんとうに役割分担がしっかりしていて、だいぶパーティプレイ向けに作られています。
とはいえ装備がしっかりしてくるとパーティプレイでもゴリ押しになりがちなのがこのテのゲームなので、ゲーム後半でどういう難易度になるのかが評価の別れどころかもしれません。

クロスレビュー

平均

8.8

2ユーザー

スコア

;">
7.5
超高速スピードで多彩なアクションをくり広げ、巨人を狩っていく。本作では職業固有の必殺技や、武器を好みに育成する要素が追加。オンラインプレイ対応。
発売日
2013年08月29日
価格
4700円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
関連サイト
http://ace.gungho.jp/
詳細を見る
  1. 1
    【ヘブバン】1周年生放送まとめ。『エンジェルビーツ』コラボイベント開催&ゆり・かなで(天使)・みゆきち実装、音ゲー“ライブモード”新登場
  2. 2
    弾幕アクションRPG『東方シンセカイ』発売決定。霊夢、魔理沙、菫子がメインキャラに。『東方紅輝心』を開発したサークル“あんかけスパ”の最新作
  3. 3
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  4. 4
    “呼び込み君”初の公式書籍発売。アニメ『ちいかわ』最新話への登場でも話題の音声POPがポーチに。お馴染み“ポポ~ポ ポポポ♪”の音が鳴る
  5. 5
    『Dark and Darker』のプレイテストが2月6日から開催。死んだら所持品全ロスト! 緊張感溢れるダークファンタジーのダンジョンアドベンチャー
特設・企画