クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
2012年に発売された『ドラゴンズドグマ』に、新たな舞台の黒呪島などを追加。黒呪島には地下世界が広がっており、主人公(覚者)を狙う凶悪な魔物と戦うことになる。
詳細を見る

ドラゴンズドグマ:ダークアリズン(PS3)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS3
9

本編に“黒呪島”などの追加要素がある内容で、この価格はかなりお得。比較的早い段階で黒呪島へ行けるようになるのは、データを引き継いでプレイする人にはうれしいポイントだと思う。日本語ボイスがあるおかげで、移動やバトル中の仲間の会話がわかりやすくなったのもよかった。

週刊ファミ通1272号より

デビル藤原
ファミ通公式 PS3
9

日本語ボイスの追加や細かい部分での改良によって、非常に遊びやすくなった印象。追加コンテンツの“黒呪島”自体のボリュームは若干物足りなさを感じるものの、新システムの追加により、これまで以上に遊び込める。本編がそのまま収録されているので、初プレイの人には超お得だね。

週刊ファミ通1272号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS3
8

豊富なアクションを駆使して敵と戦うのが楽しい。ジョブごとに戦いかたが大きく変わるのもよかった。スキルの追加で、戦闘がより派手で爽快になったのは○。日本語吹き替えもあり、字幕を読むわずらわしさから解放されたのもうれしい。興味はあったが未体験という人にオススメ。

週刊ファミ通1272号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS3
8

基本的な部分は本編と同じだけれど、新たに追加されたダンジョンの黒呪島は、かなりの歯応え。秘められた謎を追っていくのも、興味深い。呪われたアイテムを探し、解呪していくのもやり込み甲斐があるね。また、本編データの引き継ぎができ、便利な特典アイテムがあるのがうれしい。

週刊ファミ通1272号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
2012年に発売された『ドラゴンズドグマ』に、新たな舞台の黒呪島などを追加。黒呪島には地下世界が広がっており、主人公(覚者)を狙う凶悪な魔物と戦うことになる。
詳細を見る

ドラゴンズドグマ:ダークアリズンに関連

すべて見る

ドラゴンズドグマ:ダークアリズンに関連

すべて見る
  1. 1
    『ゴールデンカムイ』杉元・白石が350ml缶に、鶴見・土方・尾形が500ml缶にデザインされたサッポロ クラシック“ゴールデンカムイ缶”が7月20日に発売
  2. 2
    『ハンター×ハンター』冨樫義博氏がTwitterを開設。 “冨樫先生”、“連載再開”、“あと4話”などがトレンド入り
  3. 3
    アニメ『スパイファミリー』の印象的な4つのシーンを立体化したプチラマシリーズが登場。ロイド・アーニャ・ヨル・ダミアンがラインアップ
  4. 4
    【フッ】『スパイファミリー』アーニャの可動フィギュアが登場。余裕の笑みや驚き顔など劇中さながらの顔芸も楽しめる!
  5. 5
    『龍が如く7』『ジャッジアイズ』『バーチャファイター eスポーツ』など35タイトル以上が最大90%オフとなるセガのアーリーサマーセールが開催中
特設・企画