クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
3.0
わずか2年しか生きられない“短命の呪い”と、人とのあいだに子を成せない“種絶の呪い”を受けた一族の当主となり、復讐を果たすべく戦っていく、シリーズ最新作。
発売日
2014年07月17日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
RPG
メーカー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

俺の屍を越えてゆけ2(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
9

少々クセがあり、覚えることは多いが、サポート機能が充実しており、煩雑さを感じさせない作り。初心者から上級者まで、遊び手に合わせて楽しめる幅の広さもいい。くり返し遊ぶがゆえに生まれる作業感やストレスを軽減させるさまざまな施策が、随所に感じられるのもうれしい。

週刊ファミ通1336号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
9

ひと月単位の時間制限がある中で、目標を考えて行動し、徐々に一族や街を成長させていく流れはハマる。戦闘がサクサク進み、迷宮の探索をテンポよく行えるのもいい。最初のうちはコーちんの提案に従っていれば、あまり難しく考えずともゲームに慣れることができる作りが親切。

週刊ファミ通1336号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
10

ガイド役のコーちんのおかげで間口が広がり、準備もお任せできたりと、シリーズ未経験者でもサッと冒険を始められるのが画期的。ほかのプレイヤーの国へ遠征し、“結魂”できたりするのもいいね。お伽草子のような和風のタッチや、3Dで生き生きと描かれるキャラクターたちも魅力的。

週刊ファミ通1336号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS Vita
8

“短命の呪い”や“交神の儀”など、前作の世界観やシステムをベースに、通信やカメラ機能などを盛り込むことで、よりパワーアップした遊びを提案している。おまかせ機能の充実で、プレイヤーの裾野を広げる工夫もなされている。サクサク遊べるが、マップがややわかりにくい印象。

週刊ファミ通1336号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
3.0
わずか2年しか生きられない“短命の呪い”と、人とのあいだに子を成せない“種絶の呪い”を受けた一族の当主となり、復讐を果たすべく戦っていく、シリーズ最新作。
発売日
2014年07月17日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
RPG
メーカー
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

俺の屍を越えてゆけ2に関連

すべて見る
  1. 1
    “コメダ珈琲店”のテーブル席がミニチュア化! シロノワールなどの定番メニューのほか、メニュー表や呼び出しボタンなど備え付けの品々も再現
  2. 2
    『ホグワーツ・レガシー』15時間プレイレビュー。緻密に再現された『ハリー・ポッター』の世界に感動、俺TUEEEな魔法アクションも爽快
  3. 3
    “Nintendo Direct”2月9日7時より配信。2023年上半期に発売予定のタイトル情報が公開される約40分の放送に
  4. 4
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”の抽選販売応募がポケモンセンターオンラインで受付中。トレーナーズではキハダ、クラベル校長が登場
  5. 5
    【ホロライブ】さくらみこ(みこち)、森カリオペ、がうる・ぐら(サメちゃん)が東京観光大使に就任。エリート巫女とホロENが東京をより盛り上げる
特設・企画