クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
シナリオごとに異なる主人公を操作し、ステージ中のギミックを解きながらドラキュラ城を探索。敵との戦闘ではメイン&サブウェポン、魔法などを駆使して戦う。
詳細を見る

キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ 宿命の魔鏡(3DS)のレビュー・評価・感想情報

レオナ海老原
ファミ通公式 3DS
7

背景にうごめく敵など、奥行きのある演出が多く、雰囲気はバツグン。探索タイプのアクションになったことで、マップを埋めていく楽しみもある。ただ、マップのメモ機能で日本語入力ができなかったり、収集要素が少ないなど、探索のモチベーションが保ちにくく感じられた部分も。

週刊ファミ通1267号より

吉池マリア
ファミ通公式 3DS
8

横スクロールの2Dアクション。攻防が把握しやすく、手軽な操作で技をくり出せる。奥行きを感じられる背景と、ゴシックホラー調の世界設定もいい。マップのマーカーで、日本語表記が使えないのは少し残念。難度はほどよく、ゲームオーバー後にすぐリトライできるのはよかった。

週刊ファミ通1267号より

ババダイチ
ファミ通公式 3DS
8

横から見た視点で広大なマップを探索する構成は、初期シリーズの作品を思い出させる懐かしい手触り。ダークな映像表現はゲームにマッチしているが、時折暗すぎて見にくいのは残念。謎解きやアクションはよくあるような内容でありますが、その楽しさをしっかりと味わえる作りです。

週刊ファミ通1267号より

デビル藤原
ファミ通公式 3DS
8

2Dタイプのアクションゲームに変わったが、シリーズの魅力であるゴシックホラー調の雰囲気はしっかりと味わえる。簡単な操作で、多彩なアクションをくり出せるのもいいですね。マップシステムは便利なのだけど、使い勝手がよくないところも。収集要素が少なめなのも惜しいなぁ。

週刊ファミ通1267号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
7.0
シナリオごとに異なる主人公を操作し、ステージ中のギミックを解きながらドラキュラ城を探索。敵との戦闘ではメイン&サブウェポン、魔法などを駆使して戦う。
詳細を見る
  1. 1
    『ゴールデンカムイ』杉元・白石が350ml缶に、鶴見・土方・尾形が500ml缶にデザインされたサッポロ クラシック“ゴールデンカムイ缶”が7月20日に発売
  2. 2
    アニメ『スパイファミリー』の印象的な4つのシーンを立体化したプチラマシリーズが登場。ロイド・アーニャ・ヨル・ダミアンがラインアップ
  3. 3
    『ハンター×ハンター』冨樫義博氏がTwitterを開設。 “冨樫先生”、“連載再開”、“あと4話”などがトレンド入り
  4. 4
    【フッ】『スパイファミリー』アーニャの可動フィギュアが登場。余裕の笑みや驚き顔など劇中さながらの顔芸も楽しめる!
  5. 5
    『キングダム ハーツ』シリーズ20周年記念限定モデルのイヤホン・ウォークマンの注文受付が開始。特別な装飾が施された豪華仕様
特設・企画