コール オブ デューティ ブラックオプスII(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox 360
9

岩に張りついたり、ムササビのように滑空する近未来的な特殊装備を使って任務を遂行する、キャンペーンモードがおもしろい。フィールド内に兵器が隠されていることもあるので、それを探して活用する楽しさもあった。ゾンビモードの中には、ストーリー性があるものも存在して○。

週刊ファミ通1250号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Xbox 360
9

武装やスキルの変更がキャンペーンでも可能なので、高難度での攻略がより楽しくなった。コマンドを入力するイベントが適度にあり、ほどよいアクセントになったのもよかったかな。マルチプレイでは、プレイヤーのカスタマイズ性がさらに高くなり、より個性が出せるのがいいね。

週刊ファミ通1250号より

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
10

キャンペーンは、1980年代と近未来を題材にした世界観が秀逸。その時代の武装の敵やメカが登場するほか、多彩な特殊武器が使えておもしろい。過激な描写は多いが、ふたつの時代が交差する奥深い物語に引き込まれます。マルチプレイは、新モードやチャレンジが増え、さらに白熱しそう。

週刊ファミ通1250号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox 360
9

前作の難解なストーリーからつながっているので、全容を把握しにくい部分はあるが、親子2代の視点から見る物語は興味を惹かれる。時代によって兵装が異なり、近未来的な装備を使った戦闘を体験できるのもいい。進化したゾンビモードなどもあり、やり込める要素は詰まっている。

週刊ファミ通1250号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画