クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ミッキーマウスとなり、消えている物を出現させる“ペイント”と、ペイントで描かれたものを消す“イレーサー”を使い分けて、ウェイスト・ランドを冒険しよう。
発売日
2011年08月04日
価格
5524円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
詳細を見る

ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜(Wii)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii
8

魔法の筆の力を使った謎解きや多彩なクエストなどにより、骨太で手応えのある仕上がり。対処方法が複数あるクエストもあり、プレイヤーによってクリアー方法が異なるのが○。ミッキーはもちろんだが、往年のディズニーキャラたちもいい味を出していて、興味深い物語になっている。

週刊ファミ通1182号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii
8

舞台となるウェイスト・ランドの世界を探索しているだけで、ディズニーワールドへの大きな没入感に浸れる。イベントなどの演出もテンポがよい。アクションのレスポンスがちょっとよくないこともあるが、慣れてしまえば問題のないレベル。ペイントとイレーサーの要素も独特でいいね。

週刊ファミ通1182号より

モリガン長田
ファミ通公式 Wii
7

登場キャラや演出などにディズニーらしさが満載。物を消したり、復活させる魔法を、お絵描きをするような感覚で使い分けてステージを進むのが楽しい。謎解きは、アドバイスが入るので難度は低め。ジャンプしにくかったり、進行方向がわかりにくい場面があり、少々戸惑うことも。

週刊ファミ通1182号より

デビル藤原
ファミ通公式 Wii
8

魔法の筆を使ったいろいろなギミックはおもしろい。グラフィックもキレイで、演出もいい感じ。難度は思ったよりも高く、低年齢層には敷居が高めな印象。でも、収集要素が多くて遊び甲斐はある。若干説明不足に感じる部分があるのと、カメラワークがよくないのはちょっと気になる。

週刊ファミ通1182号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ミッキーマウスとなり、消えている物を出現させる“ペイント”と、ペイントで描かれたものを消す“イレーサー”を使い分けて、ウェイスト・ランドを冒険しよう。
発売日
2011年08月04日
価格
5524円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
詳細を見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    『コール オブ デューティ』のプレイステーションへの今後の方針をXboxトップのフィル・スペンサー氏が明かす。既存の合意分は維持、フランチャイズの展開も当面は継続か
  3. 3
    【ますますマンガで分かるFGO】今回のテーマはスキル演出の早送り。漫画231話“高速化”が公開
  4. 4
    Switch/Steam『百年王国』が2月3日に発売。北欧神話やギリシャ神話の巫女とともに、100年かけて文明を築き上げるシミュレーションゲーム
  5. 5
    『ちいかわ』×ドン・キホーテのコラボグッズが2月5日より販売。ちいかわたちがドンペンの帽子を被ってさらにかわいく!