クロスレビュー

平均

7.8

2ユーザー

スコア

;">
5.5
迷宮へ来た主人公となり、そこで出会った少女の能力を駆使しながら上層にある出口を目指す。戦闘では、攻撃の強さやターゲットなどを選んで敵にダメージを与える。
発売日
2012年01月19日
価格
5524円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
KONAMI
詳細を見る

ラビリンスの彼方(3DS)のレビュー・評価・感想情報

レオナ海老原
ファミ通公式 3DS
8

3Dダンジョンものに、一人称視点シューティングの雰囲気を合わせた作りが魅力的。つねに少女が動いている様は、いっしょに行動している感じをうまく出している。戦闘は回復手段が少なくて難しいが、先を考えて行動する感じがおもしろい。少女の服のエディットはいいアイデア。

週刊ファミ通1206号より

吉池マリア
ファミ通公式 3DS
7

奥行きを感じる背景と、ナビゲーター的な存在の少女は魅力的。シームレスに突入する戦闘のルールは簡単だけど、HPの回復方法が独特。3つの属性と攻撃の順序を把握する必要があって、かなり頭を使う。攻撃する順序がつぎのバトルに影響するので、難度は高め。移動は若干クセあり。

週刊ファミ通1206号より

ウワーマン
ファミ通公式 3DS
8

少女とともに迷宮を進むシチュエーションがいい。システム自体はシンプルだけど、先を見据えて行動しなければならない戦闘は、思いのほか難度が高め。しかし、苦闘の末に強敵を倒したときの達成感は格別だと思います。ただ、少女の歩みに合わせるせいか、移動速度が遅くて辛い。

週刊ファミ通1206号より

ババダイチ
ファミ通公式 3DS
8

古典的な3DダンジョンRPGの楽しさを踏襲しつつ、随所に新要素を盛り込んだ挑戦的な作品。画面内で動き回る少女や、自分以外のプレイヤーの存在が、独特の世界観をうまく作り出しています。将棋のような先読みが必要なバトルも、独創的かつ奥が深く、かなり歯ごたえのある内容。

週刊ファミ通1206号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ayanka141
3DS 2014-03-28 10:40:12投稿
2

良かった点
弱点属性で与えたダメージを吸収するシステムはバトルを考えながらプレイできる

悪かった点
序盤から固い的が多すぎる
吸収システムと合間ってバトルが長すぎる
キャラがなかなか成長しないのに敵はすぐ強くなる
最初の一撃を入れるまで敵のターンが分からないので無駄なターンになる
敵に一斉に囲まれる場面が多々ありマゾプレイに終始終わる
移動が遅い
拠点に戻る手段がない
モンスターに魅力を感じない

総評
3DダンジョンRPGということで期待してたのですが、ウィズを今時の技術でアレンジしただけのナルシストゲームと言う印象でした。
バランスはウィズを意識しているのか難易度ばかり上がりますが、ウィズほど魅力を感じない世界観にげんなりしました。
それでも頑張って15時間プレイした自分を誉めてやりたくなりました…。

はひる
3DS 2012-10-04 00:59:55投稿
9

自分のレビュー採点が甘すぎると自覚しつつも90点。
適度なボリュームと最上のグラフィック&音楽の良質RPG。

不満点は移動がほんの少し遅いこと。
其れさえなければ満点をだしても良いぐらい。

とにかく少女が可愛い(?)活発でお転婆。
アニメなんかで出てくる理想の少女像ではなかろうか。
ビターンと転ぶ姿も可愛い。

もし興味がある方はぜひ遊んでみてください。

クロスレビュー

平均

7.8

2ユーザー

スコア

;">
5.5
迷宮へ来た主人公となり、そこで出会った少女の能力を駆使しながら上層にある出口を目指す。戦闘では、攻撃の強さやターゲットなどを選んで敵にダメージを与える。
発売日
2012年01月19日
価格
5524円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
KONAMI
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画