クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
8.0
エンデを操作し、セレスの呪いを解くためにオレイカルコスの鎖を駆使して十三訃塔を冒険しよう。セレスに外僕の肉を食べさせると、呪いの進行を戻せるぞ。
発売日
2011年05月26日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

パンドラの塔 君のもとへ帰るまで(Wii)のレビュー・評価・感想情報

千葉子
Wii 2017-08-20 01:56:09投稿
8

良かった点
1、操作感
鎖を使って敵を倒したり仕掛けを解いたりしながら先に進むゲームなのだが、wiiリモコンとの相性も良かった。
鎖を引っこ抜くときなんかにwiiリモコンをバリっと動かすのが楽しい!なんか爽快・・・!

2、システム
本作の目的は、呪いにかかったヒロインを救う為に塔に入って呪いを解くアイテムを取りに行くこと。
主人公が塔へ行ってる間も呪いは進行している為、完全に呪いに掛かる前にヒロインの元へ戻り、アイテムを渡す必要がある。
そのアイテムが変態的。

3、ヒロインと呪い
呪いを解くアイテムはグロテスクな肉。(しかも生)
これをヒロインに食べさせなければならない。
ヒロインは泣きそうになりながらこれを食べるので、正直コレ見てちょっとなんか・・・・目覚めそうになった・・・。
呪いが侵食すればするほどヒロインの姿は無残なものになるのだが、このヒロイン。めちゃくちゃ健気なのである。
酷い侵食の時は暗いところに蹲っていたり、呪いで汚してしまった床をグロテスクな姿になりながらも拭いていたり・・・・。
もうかわいそうを通り越して「そんなキミが愛おしい」という気持ちに駆られる。
こんなに「早くこの娘を助けてやらなくちゃ」と思わせてくれるヒロイン早々いない。
このゲーム作った人変態なのかな?

4、とにかくヒロイン
塔では呪いを解くために肉を集めるか、呪いを解く鍵となるボスを倒していく。
それ以外はひたすらヒロインとイチャイチャ。
戦えない非力なヒロインは、家で主人公が快適に過ごせるように家事をしたり部屋の模様替えをしたりしながら帰りを待っている。
ギャルゲーではないのだが「新婚さん」気分を味わえる!嫁呪われてるけど。
いやもうとにかくヒロインが健気すぎて可愛いんだって・・・。

5、しっかり作られたストーリー
ヒロインとのイチャイチャ以外でもストーリーはしっかりと出来ている。
特に塔の秘密やボスについては書物でしか知れないものだったりするのだが、その内容も凄まじい。
ちなみにマルチエンド。

悪かった点
1、鎖の扱い
鎖の扱いに慣れるまでちょっと時間がかかる。
wiiリモコンの性だろうが、慣れてもたまに「んああああ!(怒)」ってなる事もしばしば。

2、主人公の顔が
パッケージ詐欺。パッケージほどかっこよくないというかゲーム内の主人公ちょっとブサイクでないか?(笑
ヒロインは可愛いんだけど・・・。

3、なかなかお金貯まらない
アイテムを買う為にお金を貯めるのだが、なかなか貯まらない。
ヒロインにプレゼント買いたいのにー!
・・・まぁ「給料●ヶ月分」とかいう風に考えれば・・・まぁ・・・・・。

総評
細かいところまで非常に良く出来たゲーム。
だが基本肉集め→家帰ってヒロインとイチャイチャ(?)の繰り返しとなるので、ちまちました作業が苦手な人には合わないかもしれない。
システムやストーリーがなかなかに濃厚なので、一度プレイすると結構インパクトが強く、結構脳に残る。

操作はwiiリモコンに合っていると思う。が、wiiでないとダメ!!という感じでもなく。
そんなわけで続編作って下さい。

クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
8.0
エンデを操作し、セレスの呪いを解くためにオレイカルコスの鎖を駆使して十三訃塔を冒険しよう。セレスに外僕の肉を食べさせると、呪いの進行を戻せるぞ。
発売日
2011年05月26日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  2. 2
    【AC6】『アーマードコア6』“台北ゲームショウ2023”で小倉プロデューサーのインタビュー映像を公開。2月3日21時より配信
  3. 3
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
  4. 4
    『ライザのアトリエ』ライザのシリーズ25周年を記念したフィギュアが登場。DX版は歴代シリーズに登場したアイテムが飛び出す豪華仕様
  5. 5
    【GT7】PS VR2『グランツーリスモ7』だけが可能にする新時代のレース体験がすごすぎた。試遊会レビュー&山内一典氏インタビュー
特設・企画