クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
ロシアリーグに所属するクラブチームなどが追加され、最新の選手データなどを採用したシリーズ最新作。オンライン対戦では、キーパーも操作が可能になった。
発売日
2010年10月21日
価格
7300円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

FIFA11 ワールドクラスサッカー(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox 360
9

シングル、オンラインプレイともに遊びが充実。操作面ではライトユーザーへの配慮もあり、トータルで完成度が高いフットボールゲームになっています。ゴールキーパーを操作して試合を進めるモードがあるのもユニーク。ただ、驚くほどの進化を感じられないのは唯一残念な点です。

週刊ファミ通1141号より

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
9

新たにロシアリーグなどが追加され、選手やチームが実名だと気持ちが盛り上がりますね。各選手の体形や特徴、発動するスキルムーブが異なるなど、前作より個性が強く押し出されていて、よりリアルになった。11人対11人でプレイできるオンライン対戦はかなり盛り上がると思います。

週刊ファミ通1141号より

デビル藤原
ファミ通公式 Xbox 360
9

オンラインは、ゴールキーパーを含めた11人対11人で対戦できるようになったのは魅力的。“Be A Pro”モードはゴールキーパーもプレイ可能になり、選手に指示出しができるので、これまでとは違った楽しさが味わえる。しかし、フィールドプレイヤー時の視点は、前作同様でイマイチ。

週刊ファミ通1141号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox 360
8

選手の挙動やボールの軌道がとにかくリアル。それにより、ゲーム的な動きのサッカーゲームにはない、説得力が生まれている。ひとりの選手となってプレイするモードは、成長の要素があってコツコツやりたくなる。全体的に過度な演出がないので、地味な印象を受ける人はいるかも。

週刊ファミ通1141号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
ロシアリーグに所属するクラブチームなどが追加され、最新の選手データなどを採用したシリーズ最新作。オンライン対戦では、キーパーも操作が可能になった。
発売日
2010年10月21日
価格
7300円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る
  1. 1
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  2. 2
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  3. 3
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  4. 4
    ターン制戦略RPG『SpellForce: Conquest of Eo』(Steam)本日(2/3)発売。ハイファンタジー世界で多彩な呪文と種族を駆使して敵対者を倒せ
  5. 5
    『ライザのアトリエ』ライザのシリーズ25周年を記念したフィギュアが登場。DX版は歴代シリーズに登場したアイテムが飛び出す豪華仕様