クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
原作のサイヤ人編からセル編までが題材のシリーズ最新作。好きなキャラクターに名場面を再現するドラマピースをセットして、通信対戦をすることも可能だぞ。
発売日
2008年06月05日
価格
7428円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

ドラゴンボールZ バーストリミット(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

戦闘員まるこ
ファミ通公式 Xbox 360
8

より磨きがかかったスピーディーな対戦が楽しめる。対戦中にドラマピースによるイベントとその効果が発動されるのだが、連続すると少し集中が途切れるので、好みが分かれるかも。アクションや技が多い分、操作を覚えるのがたいへんだけど、チュートリアルがしっかりしていて安心。

週刊ファミ通1017号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Xbox 360
9

内容的にPS3版と差はなく、不思議な質感のグラフィックは一見の価値あり。共通技などで覚えるべき要素が多いものの、原作の持ち味をうまく活かした技が多く、操作に慣れると非常に気持ちよく戦える。ひとり用は、原作の状況を再現するドラマピースが戦いを盛り上げてくれて◎。

週刊ファミ通1017号より

河田スガシ
ファミ通公式 Xbox 360
8

アニメを丸ごとリメイクしたかのような美麗なビジュアルとスピード感溢れるバトルの演出は、ファンなら必見。すべてを理解して使いこなすには少々難度の高いシステムだが、多数のキャラと原作をなぞった数々の技を自分でくり出して戦える喜びは、いままでのシリーズ以上かと。

週刊ファミ通1017号より

ででお
ファミ通公式 Xbox 360
8

こちらもPS3版と変わらず。ストーリーモードは短いけど、タイムアタックなど、アーケードゲーム寄りのモードも多く用意されているので、ボリュームは十分だと思います。いちばんの大技である"アルティメットムーヴアタック"は、もっとキャラクターごとの違いを出してほしかった。

週刊ファミ通1017号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
原作のサイヤ人編からセル編までが題材のシリーズ最新作。好きなキャラクターに名場面を再現するドラマピースをセットして、通信対戦をすることも可能だぞ。
発売日
2008年06月05日
価格
7428円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  3. 3
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  4. 4
    【Steamセール】『PC Building Simulator』512円、『マブラヴ』1236円、『零 ~濡鴉ノ巫女~』3960円、ディスガイア バンドルッス8250円など
  5. 5
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ