クロスレビュー

平均

8.5
ドイツW杯に参加する32カ国を含む全127カ国、約3000名の選手が実名で登場。簡単操作で華麗なプレイを演出できる。Xbox 360版はオンライン対戦にも対応。
発売日
2006年04月27日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

2006 FIFA ワールドカップ ドイツ大会(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

吉池マリア
ファミ通公式 Xbox 360
8

オフィシャルだけあって、ドイツ大会の気分が存分に味わえることは間違いなし。また、グローバルチャレンジは、気軽にいろんなシチュエーションの試合が楽しめて○。ビジュアル、キャラの反応、オンライン対戦の存在などなど、やっぱり総合的にXbox 360版のほうが上ですね。

週刊ファミ通907号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Xbox 360
9

PS2版とほぼ同じですが、オンライン対戦が可能なのは大きい。さらにはグラフィックはかなりのもので、決勝戦のスタジアムの演出などはスゴイ盛り上がりですよ。ただ、東洋人の顔はちょっと怖いけどね。アクションの反応も快適で、手軽にテクニカルなプレイが楽しめます。

週刊ファミ通907号より

キッシー嵐山
ファミ通公式 Xbox 360
8

他機種版に比べて、グラフィック、選手の動作ともにこちらのほうが1レベル上の印象。選手エディットはないものの、オンライン対戦機能がある点も大きなアドバンテージです。ボタン配置も変更可能ですし、高性能なテレビを持ってる人なら、絶対こちらのほうが得策でしょう。

週刊ファミ通907号より

田原誠司
ファミ通公式 Xbox 360
9

基本的な設計はPS2版と同じ。有名選手は顔だけでなく動きまでそっくりで、サッカーファン大喜びかも。Xbox 360版のみの特徴は何と言ってもワイドスクリーンで見たときの視野の広さ。横長画面の恩恵を存分に味わえる。D4接続が可能なら、PS2版より1ランク上の画質が楽しめる。

週刊ファミ通907号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5
ドイツW杯に参加する32カ国を含む全127カ国、約3000名の選手が実名で登場。簡単操作で華麗なプレイを演出できる。Xbox 360版はオンライン対戦にも対応。
発売日
2006年04月27日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る
  1. 1
    北欧ゲーミングブランド“ Xtrfy”より“GP4 ゲーミングマウスパッド”が発売。スウェーデン現代美術家がデザイン
  2. 2
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  3. 3
    Switch『ファミコン探偵倶楽部』リメイク版インタビュー。企画の発端から開発中のエピソードを少年探偵ばりに聞く【ネタバレあり】
  4. 4
    『Fate/stay night』HDリマスター版がSwitchとSteamで2024年に発売。20周年記念コンサートが9月21日・22日に開催決定