クロスレビュー

平均

8.5
シリーズ最新作。霊を封じ込めるカメラ"射影機"で怨霊と戦いつつ、廃屋の立ち並ぶ"朧月島"を探索し、5人の少女が巻き込まれた誘拐事件の謎を解き明かすのだ。
詳細を見る

零 〜月蝕の仮面〜(Wii)のレビュー・評価・感想情報

レオナ海老原
ファミ通公式 Wii
9

革新的なほどの変化はないものの、安定した完成度。アイテムを取るときや上下の視点移動がゆったりしていて、もどかしさからくる恐怖をうまく演出しています。戦闘の難度は高めだが、ギリギリまで近づけて攻撃するのはやはり楽しい。怖いけど。写真集めなど、やり込み甲斐もあり。

週刊ファミ通1026号より

吉池マリア
ファミ通公式 Wii
8

「出るだろうな」と予測していても、ビビってしまう怖さが。より恐怖心を煽る、ゆっくり扉を開ける&手を伸ばす演出も○。テンポのいい物語と、心霊写真&呪いの人形の収集要素も手伝って、最後まで一気に遊びたくなる魅力があります。霧島の武器はクセがあり、少々戸惑うかも。

週刊ファミ通1026号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
9

過去のシリーズ同様、和風ホラー独特のねっとり、じんわりする恐怖を存分に味わえる。ファインダー越しに見る霊は、やっぱり怖い(笑)!今回は懐中電灯風の攻撃手段も加わり、多数の霊を相手にす速く戦ったりする場面も。主人公が4人なので、射影機改造の要素もボリュームあり。

週刊ファミ通1026号より

河田スガシ
ファミ通公式 Wii
8

出現するであろう場所やタイミングがわかっていてもいなくても、襲い来る霊たちは等しく恐怖の存在。怖がらせかたを熟知した、練り込まれた作り。謎めいたシナリオ展開はもちろん、背筋をゾクゾクさせる音効や見せかたが見事。主人公たちのちょっとノロマなアクションも醍醐味。

週刊ファミ通1026号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5
シリーズ最新作。霊を封じ込めるカメラ"射影機"で怨霊と戦いつつ、廃屋の立ち並ぶ"朧月島"を探索し、5人の少女が巻き込まれた誘拐事件の謎を解き明かすのだ。
詳細を見る

零 〜月蝕の仮面〜に関連

すべて見る

零 〜月蝕の仮面〜に関連

すべて見る
  1. 1
    『ギターライフ レッスン1』が2024年春発売決定。ギター型コントローラを使って、Switchでギター練習ができる!【Nintendo Direct】
  2. 2
    新型PS5比較まとめ。値段やサイズ、重さ、入出力端子の違い、ディスクドライブの取り外し方などを前モデルの写真と合わせてお届け
  3. 3
    【ホラーゲームおすすめ2023】この夏に遊びたい珠玉のホラゲー7選。独自に定めた恐怖度とあわせて紹介
  4. 4
    【モンハン新作】『モンスターハンターワイルズ』が2025年に発売決定。PS5、Xbox Series X|S、PCで展開【The Game Awards 2023】
  5. 5
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活