ウイニングイレブン プレーメーカー 2010 蒼き侍の挑戦(Wii)のレビュー・評価・感想情報

モリガン長田
ファミ通公式 Wii
8

Wiiリモコンを使用しての操作感は、なんとも気持ちよく、そして直感的。Wii版から始めた人もすぐにそこそこのプレイができちゃいます。タイトルどおり、日本代表をメインにした“ジャパンチャレンジモード”が入り、従来のモードもてんこ盛り。ボリューム感はかなりのものです。

週刊ファミ通1119号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Wii
9

Wiiリモコンとクラシックコントローラーで、対戦ができるようになったのは魅力的。フリーランやドリブルが全方向で可能になるなど、細かな部分がパワーアップして戦いやすくなった印象。ジャパンチャレンジモードでは、登録してあるMiiが選手として使え、かなり盛り上がれます。

週刊ファミ通1119号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
9

基本内容は前作と同じだが、ポインターを使ったプレイはいまだ新鮮で、戦術を組み立てるのが楽しい。また、Wiiリモコン対クラシックコントローラーの対戦が可能になったのもうれしいところ。ネットでも可能なので、新たな楽しみ方ができそう。Miiを日本代表選手にして遊べるのも◎。

週刊ファミ通1119号より

世界三大三代川
ファミ通公式 Wii
8

慣れは必要だが、フィールド全体を見回して、選手に指示を与える操作感覚はリアルタイムシミュレーションのよう。ベースは前作と同じながら、いわゆる『ウイイレ』操作とも対戦できるようになったのはとくにファンにうれしいポイント。今後のさらなる進化を期待したいシリーズ。

週刊ファミ通1119号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

  1. 1
    『FF10』新作歌舞伎、ユウナ役・中村米吉による“異界送り”のスペシャル映像が公開。振付・尾上菊之丞や音楽監督・新内多賀太夫らのコメントも到着
  2. 2
    【FGO】2部7章ナウイミクトラン後編攻略まとめ【ストーリーネタバレ注意】
  3. 3
    『ホグワーツ・レガシー』いよいよ発売! 実機プレイで判明したゲームシステムの詳細など、1800年代の魔法界をより楽しめるポイントを解説する18ページの大特集【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『Apex Legends Mobile』のサービス終了が発表。日本時間の5月2日午前8時をもってシャットダウンへ
  5. 5
    【Steamセール】『PC Building Simulator』512円、『マブラヴ』1236円、『零 ~濡鴉ノ巫女~』3960円、ディスガイア バンドルッス8250円など